無添加住宅大屋根の家 見学

2007/05/10 10:13
先日、無添加住宅大屋根の家の構造見学会へ行ってきました。 これは、今までの無添加住宅の中でローコストで出来る工法で、従来の木造軸組在来工法を改良させたもので、2階の梁を登り梁として利用しています。(ただし、完全無添加ではありません) ●登り梁(垂木)はツーバイ材(2×8)を使用。 ●1階床はタイル張り、蓄熱式床暖房システム付き  通常は1階床の高さはGLから600程度上げますが、ここでは120程度上げ、床材を木フローリングではなく、タイル張りとなっています..

続きを読む

国産SSD材(燻煙木材)発表会

2006/11/08 22:01
本日11/8~12まで万博記念公園・鉄鋼館にて「国産材【SSD】材の発表展示会」が行われています。 初日の今日、早速行って参りました。 平日の水曜日ともあって万博公園の人は少なく、この季節の土日の来場者が驚くほど多いのに比べてとても少ない感じがします。 今回のこの会場の選定にあたっては、国から国産杉や桧をPRするために、補助金がおりています。その関係で国に関係する施設で開催されているということです。 会場内には実物大の木造軸組みが2軒分室内に建てられ、..

続きを読む

構造材改革~国産・宮崎県産燻煙乾燥材

2006/10/23 12:56
かねてから木造の構造材の産地はどこなのか?納入ルート(トレーサビリティ)はわかりますか?強度は十分なのか?とよく問われたことがありました。そこで、できれば国産材でということで長年かけて様々な産地とお話をしていて、今回、宮崎県産の杉と桧に出会い、グリーン材ではなく、燻煙乾燥された材を見つけることができました。 燻煙(くんえん)乾燥とは 木材を煙で燻しながら乾燥させる方法です。従来の木材乾燥法に比べ低温で乾燥させる為、木材の細胞を傷めることなく乾かす事の出来る乾燥法です。..

続きを読む

金閣寺平成の茶室~棟梁 木下孝一氏

2005/11/20 15:44
金閣寺平成の茶室を建築された「数寄屋研究所 心傳庵 棟梁 木下孝一氏」の特別講演を聴いてきました。 金閣寺を造営した足利3代将軍・義満公。平成19年に600年を迎える。この節目の時を迎えて,大本山相国寺管長であり、金閣寺・銀閣寺住職の有馬頼底(らいてい)老師は金閣寺の茶室「常足亭」の再建を決意、当代随一の数寄屋建築棟梁・木下孝一氏に依頼し、平成16年、見事に完成しました。 木下棟梁は現代の日本の建築教育の有り方は明治時代からおかしくなってきた。住宅の寿命が20~3..

続きを読む

伝統構法

2005/11/17 21:02
伝統構法でやっている滋賀県にある「川村工務店」に行ってきました。 伝統構法・自然素材・合板ゼロ・土壁塗り・エアコン無し・国産材(地域材)・とにかく太い材・風が流れる・薪ストーブ・木製サッシを作る・家具を作る・オリジナル床暖房・通気工法・そして、玉石による基礎、金物は出来る限り少なくする。といった考えで今、川村さんご自分の自宅を建築されています。 「許容応力計算法によるとたくさんの筋交いや構造用金物、合板等が必要となり、それにたよった家作りとなります。このことは先人..

続きを読む

木材食害性昆虫の生態

2005/11/02 16:47
京都大学生存圏研究所に行って参りました。木材食害性昆虫の生態や木材劣化生物を用いた環境修復と新規エネルギーの創成、極限状態における木材の劣化等を研究されている京都大学博士(農学部)吉村剛助教授の研究室を訪れました。 研究室には様々な国から送られてきた木が並べられており、1つ1つシロアリの食害についての実験を行われています。シロアリに強い木はヒバがありますが、豪州ヒノキ(サイプレス)も強いことがわかりました。ヒノキ、スギも白身の木の辺材は食べますが、赤身の心材は残っていま..

続きを読む