イチョウ・銀杏にはアレルギー物質が含まれています

2005/10/27 00:16
この季節、街路樹のイチョウの木が色変わりし、その足元に落ちている銀杏(ぎんなん)が目立ってきました。このイチョウは自分自身を外敵から身を守るために工夫がされています。 イチョウは、イチョウ科、高さ30m、中国原産で、日本にも古くから伝わっています。雄花、雌花は、別株で葉は、種子植物では珍しい又状脈(さじょうみゃく)といって筋が二股に分かれ扇を広げたような形になっていて、筋には、根から吸い上げた水、葉で作られた養分を通る維管束(いかんそく)といわれる細い管(くだ)が見られ..

続きを読む

もっと見る