【持続可能な素材シリーズ3 古民家再生は知識が無いと劣化する】

2019/02/10 18:48
【持続可能な素材シリーズ3 古民家再生は知識が無いと劣化する】最近特に空き家が目立ってきています。政府調査でも平成26年時点で全国で820万戸、このまま放っておけば、平成30年予想では1076万戸、平成45年には2147万戸と言われています。これらを有効活用しようと、空き家再生の工事をされたり、ご自分でDIYされたりと、また老朽化しているから解体する方と、様々ですが、結構、イメージで判断している方も多いようです。 外観から見て明らかに腐っているのが見えるのは、判断できますが、..

続きを読む

【持続可能な素材シリーズ2 炭と灰のちがい 炭は腐らない】

2019/02/04 18:39
【持続可能な素材シリーズ2 炭と灰のちがい 炭は腐らない】・木を燃やすと、初めは木の中の燃焼ガスが出てきて、やがてそのガスに引火し、炭になって、やがて灰になりますよね。化学で言うと、炭は炭素なので「C」で、ダイヤモンドもそうなんです。炭は炎をあげずに燃えますが、酸素とくっついて、二酸化炭素に生まれ変わって、どこかへ飛んでしまいます。木を燃やす時に酸素が無ければ、炎をあげずに炭になっていきます。例えば、木にヤニが出てきますが、このヤニは油分なので、木を燃やすとこのヤニが溶けて燃..

続きを読む

【コラム 持続可能な建材シリーズ1】シロアリ保証はどうして5年ごとなのか?!

2019/01/31 18:29
【コラム 持続可能な建材シリーズ1】シロアリ保証はどうして5年ごとなのか?! ●シックハウス症候群の原因の大きな一つがシロアリ対策の薬剤でしたので、国は 2003年にシックハウス対策法として薬剤成分の有機リン系クロルピリホスを規制しました。が、しかし・・・ ●現在では薬剤メーカーが出しているそのほとんどが有機成分の薬剤です。有機成分は約5年で分解されてしまうので、殺虫効力も約5年で無くなってしまいます。そうすると、5年経過する毎にまたシロアリ点検のハガキが送られてきて、再施工..

続きを読む

大雨の被害で床上浸水すると最新住宅の弱点がみえてきます

2018/07/08 22:50
今回の大雨で全国に甚大な被害が出、被災された方々には謹んでお見舞い申し上げます。また、今回の水害は先日の北大阪の地震より桁違いの被害になることは間違いないと思われますが、そんな中、建物に浸水するということで、最新住宅ほど大変なことになることも知って欲しいです。特に最新住宅は気密性にこだわるため、プラスチックやビニール、石油製品を多用しているため、加水分解による劣化が著しく大きくなる。断熱材は水分の重みで下がっていく。壁の中に湿気が入りにくい状態なので、今回のように浸水しても壁..

続きを読む

■数値や基準と資格■

2018/02/13 18:14
【基準】とは何のためにあるのか?それは初めは【基準】などは存在しません。ある1人の人が新しいことをし始める(=開発者)。▶やがてその新しいことが良いと思って複数の人が似たようなことを真似し始める。▶開発者はそれに負けじともう1歩先を行き、進化させる。▶さらにそれをみた人がどんどん真似をし、改良し始め、あらゆる可能性を追求し、広めて行く。▶ある程度広まると真似をする人は開発者が正しくない(危険な)方向に行かないように自分が認める許容範囲の【数値】を設ける。これが【基準】です。開..

続きを読む

もっと見る