冬休みに読みたいエコ本

2007/12/27 22:00
めざせロハスでオーガニックな無添加な家 冬休みに読みたいエコ本 今年もあとわずかとなりました。師走の忙しい時期を乗り越え、大掃除を済ませたら、正月ムードの中のんびりと休みたいところです。しかし、せっかく時間があるのなら、寝転んで本など読んでみるのも、知的好奇心を刺激されて良いでしょう。またその本が今話題のエコや環境問題についての本ならば、知識や教養を蓄えられ、今後様々な場面で役立っ..

続きを読む

京都環境フェスティバル2007

2007/12/16 13:30
めざせロハスでオーガニックな無添加な家 京都環境フェスティバル2007 12/8~9、京都市伏見区 京都府総合見本市会館(パルスプラザ)にて、京都環境フェスティバル2007が開催されました。 主催は京都府、京と地球の共生府民会議、 京都府地球温暖化防止活動推進センター、財団法人自治総合センターです。 テーマは「COP3開催10周年記念-脱温暖化!活か..

続きを読む

豊中市民環境展2007

2007/12/09 03:10
めざせロハスでオーガニックな無添加な家 豊中市民環境展2007 12/7~8、豊中市立市民会館にて、とよなか市民環境展2007が開催されました。 主催はNPO法人とよなか市民環境会議アジェンダ21です。 屋外では無農薬有機栽培の野菜や豊中市の堆肥「とよっぴ」、竹炭を販売していたり、オーガニック喫茶店、エコカー、おもしろ自転車などもありました。 ..

続きを読む

京都環境フェスティバル2006

2006/12/09 19:18
12/9(土)~10(日)の2日間京都府総合見本市会館(パルスプラザ)にて「京都環境フェスティバル2006」が開催され、行ってきました。 【出展者一覧】 「古材文化の会」ではコースターを柿渋やベンガラで塗る体験があります。柿渋独特のにおいが会場内に漂っていましたが、柿渋がどういうものなのか、多くの人にわかっていただけるかと思います。 「京都府地球環境温暖化防止活動推進センター」ではみどりのカーテン育成ガイドブックが配られていました。夏をエアコンをできだけ..

続きを読む

太陽光発電から太陽熱発電へ

2006/02/25 15:09
 最近は太陽光発電パネルを屋根に取り付けている住宅が増えてきた。それもやはりコストが徐々に下がり、また発電効率も数年前より上がっていることからだろう。しかし、この太陽光発電から次世代の発電システムへ研究がすすめられている。  太陽熱を利用してタービンを回し、太陽電池の二倍の効率で電力が得られる新しい発電システムを、東北大学大学院環境科学研究科の斎藤武雄教授らの研究チームが開発、仙台市の同大学で発表した。地球温暖化の原因となる二酸化炭素を排出せず、小型化しても効率が落ちな..

続きを読む

高気密・高断熱住宅だけでいいのか?

2006/02/08 17:40
高気密・高断熱住宅は言わば宇宙船のような魔法瓶住宅とでも言えると思います。それが、この現代人にうけるのは事実で、個人の住まいの中でのライフスタイルを確立させたいという欲求が強いからだと思います。 昔は集落で住んでいると自分の庭=集落の庭という感じで共有的な存在でした。また、人のつきあいもあり、共同で取り組むと集落自身の環境も向上したというものです。 最近の超高層マンションに人気があるのは外との世界とは関わりを一切もたずに都心の便利なところで見晴らしのいい上空から眺めれ..

続きを読む

もっと見る