「漆喰復活」・・・著者 船瀬俊介

2009/03/25 22:13
めざせロハスでオーガニックな無添加な家 「漆喰復活」・・・著者 船瀬俊介 漆喰(しっくい)のことを様々な角度から見つめている本をご紹介します。著者は「あなたもできる自然住宅」や「木造革命」などを書かれた船瀬俊介氏。昨年5月、無添加住宅の全国代理店総会に来ていただき、基調講演をしていただいた時に、次は「漆喰」についての本を書いています。本には無添加住宅も紹介しますよと言われ、著者から..

続きを読む

冬休みに読みたいエコ本

2007/12/27 22:00
めざせロハスでオーガニックな無添加な家 冬休みに読みたいエコ本 今年もあとわずかとなりました。師走の忙しい時期を乗り越え、大掃除を済ませたら、正月ムードの中のんびりと休みたいところです。しかし、せっかく時間があるのなら、寝転んで本など読んでみるのも、知的好奇心を刺激されて良いでしょう。またその本が今話題のエコや環境問題についての本ならば、知識や教養を蓄えられ、今後様々な場面で役立っ..

続きを読む

建築家と造る「家族がもっと元気になれる家」

2007/11/30 09:08
皆様、応援お願いいたします。      ↓↓↓↓ 人気ブログランキングに参加しています。→  ←投票ボタン 投票していただける方はボタン押してね。ありがとうございました。 「シックハウス症候群」や化学物質過敏症について、またエコ住宅についてを色々な要素からの切り口で語られています。新築住宅を建てる方へのアドバイスとして、ハウスメーカーを選ぶのではなく、設計家の方へ依頼し、自分の思い通りの家を実現するというプロセスも紹介されています。 ..

続きを読む

頭のよい子が育つ家

2006/12/09 23:53
お客様からこういう本を教えていただいた。「頭のよい子が育つ家」。 いわゆる今までの子供部屋への改革だ。 私達が育ってきたのは、子供が独立するためにと、与えられた専用の部屋。確かに、個室を与えられると、家に帰ってくると、個室に向かい、夕ご飯の時だけ降りてきて、すぐさま個室へ向かう。そういう日々を繰り返し、家族との会う時間が極端に少なく、また、個室でこもると一生懸命勉強するわけでもなく、音楽を聴いたり、テレビを見たり、インターネットをしたり、電話をしたりと・・・ ..

続きを読む

定年前リフォーム

2006/09/28 02:13
約800万人とされる団塊の世代がまとまってリタイアする2010年頃までに起きるとされる問題があります。これらの方々が定年を迎え、主な活動の場所を会社から我が家に移すことになるその時、果たして自分が思っている居場所が家に存在するでしょうか? 実は会社を辞めてからとんでもない事実に直面することがあります。文芸春秋から出版されている「定年前リフォーム」には辞める前に必ず読んでおくと、妻といっしょに生活をしていく上で上手にリフォームできるかということが書かれています。 定年後、..

続きを読む

もっと見る