藤森照信展訪問記 諏訪の記憶とフジモリ建築 ~茅野市美術館(長野県)

めざせロハスでオーガニックな無添加な家
藤森照信展 諏訪の記憶とフジモリ建築 ~茅野市美術館(長野県)

今年の夏に長野県諏訪湖近くの茅野市美術館にて、建築家藤森照信氏の展覧会がありました。藤森氏は茅野市出身で、近代建築史・都市史研究の第一人者として多くの業績を残し、1998年には日本建築学会賞(論文)を受賞しています。2010年3月まで東京大学生産技術研究所教授を務め、同年4月より工学院大学建築学科教授を務めています。作品としては、茅野市で神長官守矢史料館(1991年)を設計し、ニラハウス、タンポポハウス、高過庵など。

今回の展示会では、建築写真、建築模型、プロジェクト模型《東京計画2107》、スケッチ、屋根・壁・左官の材料見本、家具に加え、藤森照信自身が撮影した茅野市での幼少期に、影響を受けた風景や素材の写真、ワークショップの一般参加者と地元の職人が地域の素材を用いて制作した藤森照信設計の茶室《空飛ぶ泥舟》を展示します。
空飛ぶ泥舟(茅野市美術館)
ワークショップの一般参加者と地元の職人が地域の素材を用いて制作した藤森照信設計の茶室を作りました。その製作過程をビデオで紹介されていました。
素材のサンプルが展示されており、銅板や鉄平石など素材感のあるものを色々工夫して、各パーツを構成している。
プロジェクト模型《東京計画2107》
かつて丹下健三氏が打ち立てた東京計画1960とは、全く異なり、東京タワーが折れ、原野に穴の開いたサイロのようなものが点在していた。
●会期:平成22年7月24日(土)-8月29日(日)
●会場:茅野市美術館
http://www.chinoshiminkan.jp/museum/2010/0724/index.htm

●茅野市美術館 
〒391-0002 茅野市塚原一丁目1番1号
受付時間 9:00~20:00 (休館日:毎週火曜日 ※火曜日が祝日の場合その直後の休日でない日)
Tel.0266‐82‐8222

過去の作品例
茅野市神長官守矢史料館
http://www.link-lines.com/business/archi/Nagano/Jincho.htm
ねむの木こども美術館どんぐり(静岡県掛川市)
http://lohas-house.seesaa.net/article/163859159.html
秋野不矩美術館(静岡県浜松市)
http://lohas-house.seesaa.net/article/163859159.html

自然素材の材料選び応援隊

"藤森照信展訪問記 諏訪の記憶とフジモリ建築 ~茅野市美術館(長野県)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。