世界最古の木造建築「法隆寺」は土台敷きに石を使用

りんくうLINES管理人gufoの日記
世界最古の木造建築「法隆寺」は土台敷きに石
奈良や京都は何度も行きましたが、今まで法隆寺は行ったことがなく、今回初めて行ってきました。
法隆寺は、聖徳太子が607年に創建し、金堂、五重塔、夢殿他(国宝)、中門金剛力士像他(重要文化財)などに分かれます。法隆寺の建築物群は法起寺と共に、1993年に「法隆寺地域の仏教建造物」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。
金堂と五重塔(国宝)
よくよく建物を細部に見てみると、土台の下には、石が敷かれていました
床下に見える白い築造物は、「亀腹(かめばら)」で、建物を湿気から防ぐためのもの、漆喰で塗り固めた低い壇になっています。


法隆寺  http://www.horyuji.or.jp/
所在地 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1

床下通気用に土台下には御影石 回廊(国宝)
夢殿(国宝)
無添加住宅オリジナルの基礎石パッキンです。 アンカーボルトの部分の土台下に使用します。

"世界最古の木造建築「法隆寺」は土台敷きに石を使用"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。