O歯科+O邸 漆喰下地工事

めざせロハスでオーガニックな無添加な家
O歯科+O邸 漆喰下地工事
歯科診療所と住宅が併設されており、無添加住宅の外断熱エコ工法を基にしたもので、建築ができるまでの様子を随時ご照会していきたいと思います。
        皆様、応援お願いいたします。      
人気ブログランキングに参加しています。→ ブログ・ランキングに参加中 ←投票ボタン
投票していただける方はボタン押してね。ありがとうございました。

外断熱の炭化コルクに漆喰を直接塗りますが、割れを減らすために、一度モルタル漆喰で全面塗ります。その際、炭化コルクのジョイント部分を先行してモルタル漆喰でパテ埋めします。 モルタル漆喰を塗っているところ
モルタルとはセメントと砂を混ぜたもので、無添加住宅では、これに漆喰を混ぜます。ただ、このモルタルというものは収縮するため、わざと割れを起こさせるように十分乾燥させます。
外壁に石を張る部分はラス網を張って、モルタルを塗り、下地とします。この部分の断熱材は壁の中に入れます。 1階の天井は漆喰を塗る前にラスボードを張ります。
2階の天井は勾配天井にしているため、断熱材の炭化コルクを勾配なりに張ります。
階段のケコミはバラ板を張った後、ラスボードを張ります。お客様専用のスリッパ入れを作り、土足禁止にしました。 室内建具の枠を取り付けます。これは、シンゴンというマメ科の植物で、杉や桧のように防虫成分を出さず、体にやさしい樹種です。この木を米のりで張り合わせ、集成材としています。

自然素材の材料選び応援隊

O歯科+O邸 断熱工事

めざせロハスでオーガニックな無添加な家
O歯科+O邸 屋根工事
歯科診療所と住宅が併設されており、無添加住宅の外断熱エコ工法を基にしたもので、建築ができるまでの様子を随時ご照会していきたいと思います。
        皆様、応援お願いいたします。      
人気ブログランキングに参加しています。→ ブログ・ランキングに参加中 ←投票ボタン
投票していただける方はボタン押してね。ありがとうございました。

石の張る部分は杉バラ板を下地にします。断熱材の炭化コルクは壁の中に充填します。 外張り断熱 炭化コルク
この工法の大きい特徴は炭化コルクを外張りすることです。炭化コルクは炭ですので、建物全体が炭で覆われていることになります。
サッシ用水切り
サッシの廻りは通常防水テープを巻きますが、この工法ではアルミの水切りをサッシの両サイドに差し込みます。これはメーカーと共同実験し、台風でも漏れないことが実証されています。
床下には断熱材の炭化コルクが敷き詰められています。
バルコニーの防水下地はケイカル板を張ります。 バルコニー部分を1階の裏側から見たところです。
2階の浴室部分
ユニットバスではなく、在来工法で作るので、防水はステンレス防水をします。その下地として杉バラ板でその上にセメント板を張ります。
トイレや洗面所の床には石を張るので、下地はケイカル板を張ります。

自然素材の材料選び応援隊

いい家塾市民公開講座~「桜の庄兵衛ギャラリー」

めざせロハスでオーガニックな無添加な家
いい家塾》市民公開講座~「桜の庄兵衛ギャラリー」

2008/5/25に豊中市中桜塚2-30-35にある「桜の庄兵衛ギャラリー」でいい家塾主催の市民公開講座がありましたので、行ってまいりました。
「桜の庄兵衛」は江戸時代の姿のままで残していた当家を修復再生したもので、ギャラリー部は本来客間であったものを襖や障子をはずせば五十畳余りの一空間として活用できるように仕立てたものです。

この空間を使っていい家塾の講演がありました。

講演者
新谷 昭夫氏 (大阪市立住まいのミュージアム副館長)
前出 英子氏 (アドバイザー 有限会社E`sプラン 代表)
釜中 明氏 (NPOいい家塾 塾長)

講演後、ジャズライブもありました。
出演者
古川 真帆氏  (The Blue Films 唄い手)
        皆様、応援お願いいたします。      
人気ブログランキングに参加しています。→ ブログ・ランキングに参加中 ←投票ボタン
投票していただける方はボタン押してね。ありがとうございました。

昔の家の天井の中にあった梁を大胆に見せています。その吹き抜けの上からはトップライトで明かりが注ぎ込んでいます。
この赤い実のようなものは金宝樹(ボトムブラシ)というそうです。哺乳瓶を洗うブラシによく似ていました。
前出 英子氏 (有限会社E`sプラン 代表) お庭はとてもぜいたくなくらい豊中市の町中にあるとは思えないほどの広さでした。
いい家塾 →コチラ
桜の庄兵衛ギャラリー  →コチラ
前出英子さん  →コチラ

自然素材の材料選び応援隊

O歯科+O邸 屋根工事

めざせロハスでオーガニックな無添加な家
O歯科+O邸 屋根工事
歯科診療所と住宅が併設されており、無添加住宅の外断熱エコ工法を基にしたもので、建築ができるまでの様子を随時ご照会していきたいと思います。
        皆様、応援お願いいたします。      
人気ブログランキングに参加しています。→ ブログ・ランキングに参加中 ←投票ボタン
投票していただける方はボタン押してね。ありがとうございました。

アールの屋根部分の野地板はバラ板でアールをつけます。 根太取付
無垢フローリングの下地である根太を取り付けていきます。一般的な住宅ではこの段階では合板を張りつけますので工事の足場として安定しますが、無添加住宅では合板を使わないのでフローリングを張るまでは足場は安定しません。
破風板と鼻隠し板
高さ280mmの杉板を取付けます。屋根の葺き始めの部分に軒先水切りを取り付けます。
柱はありますが、柱と柱の間には間柱を使わず、全て外壁廻りは筋交いをダブルで取り付けます。
外壁は炭化コルクを外側へ取り付けるためバラ板を250mmピッチで取り付けていきます。軒の下地もバラ板でします。 野地板をバラ板で取り付けた後は防水紙を張ります。今回は屋根の通気をとるため、透湿防水シートを張ります。その後、屋根フックを取り付けるためのたてよこに桟木を取り付けます。
ステンレス製のオリジナルフックを取付け、それに屋根の玄昌石を引っ掛けていきます。石と石との間に全て水切りの樋を敷いていきます。 棟の部分には棟押え金物を取り付けます。ケラバにはケラバ水切りを取り付け、ケラバフックも取り付けます。

自然素材の材料選び応援隊

O歯科+O邸 木造建て方 上棟式

めざせロハスでオーガニックな無添加な家
O歯科+O邸 木造建て方 上棟式
歯科診療所と住宅が併設されており、無添加住宅の外断熱エコ工法を基にしたもので、建築ができるまでの様子を随時ご照会していきたいと思います。
        皆様、応援お願いいたします。      
人気ブログランキングに参加しています。→ ブログ・ランキングに参加中 ←投票ボタン
投票していただける方はボタン押してね。ありがとうございました。

土台引き
基礎石パッキンを置いた後に土台として桧を引いていきます。
柿渋塗り
土台の裏には防腐として柿渋を塗ってあり、また建て方が終わってからも地面から1mまでの高さは柿渋を塗ります。
木造建て方 エコ工法では小屋組みを作らず、小屋束もほとんどありません。2×8材を屋根の母屋に使用しています。
上棟に備えて棟木にごへいを取り付けます。 上棟式のもよう。
22度振っている建物の構造もプレカットでぴったり。 柱はミズダスという杉材。
梁は米松。
屋根の野地板は合板ではなく、杉バラ板を使用しています。最近では気密住宅が普及していて合板を野地板に使用すると結露して腐ってくるということも耳にします。無添加住宅では通気性もあるバラ板を使用しています。

自然素材の材料選び応援隊

O歯科+O邸 基礎コンクリート

めざせロハスでオーガニックな無添加な家
O歯科+O邸 基礎コンクリート
歯科診療所と住宅が併設されており、無添加住宅の外断熱エコ工法を基にしたもので、建築ができるまでの様子を随時ご照会していきたいと思います。
        皆様、応援お願いいたします。      
人気ブログランキングに参加しています。→ ブログ・ランキングに参加中 ←投票ボタン
投票していただける方はボタン押してね。ありがとうございました。

ベースコンクリート打設(べた基礎)
基礎はべた基礎といって建物の部分全体を一面コンクリートで覆った形式です。。
軟弱地盤でも「不同沈下」を起こしません。地面をコンクリートで覆うので防蟻対策としても有効で、地面からの水蒸気を防ぐ効果もあります。。
基礎立ち上り 配筋、型枠工事
今回は建物の平面計画が歯科と住宅部分が22度斜めに振っています。基礎工事の際墨出しに多少時間がかかってしまいました。
基礎の立ち上りコンクリートを打設する前に設備の配管などもあらかじめ通る部分にはスリーブをいれておかなければなりません。
基礎コンクリート打設後
基礎の腰壁の上に棒が突き出ているもの、これがアンカーボルトで上の木造としっかり固定するためのものです。基礎が途中で途切れているのは人通口といって床下に潜ったときに全て点検できるようにしています。
今回のエコ工法では通し柱が1本もありません。これは、実際通し柱にすると梁が取り付く部分でプレカットなどでホゾがたくさん開けられ、強度的に弱くなっていると思われるため、その代わりにホールダウン金物で1階と2階の間も固めてしまいます。
足場架設
木造の構造が立ち上がる前に先行して足場を組みます。
基礎石パッキン
無添加住宅ではここからが一般の住宅とは異なって来ます。通常プラスチック製のキソパッキンを使用しますが、無添加住宅では
パッキンに御影石を使用します。しかも溝を切ってあり、アンカーボルトのところは空いています。プラスチックでは何年もつのでしょうか?石は圧縮強度がとても大きく耐久年数もとても大きいです。

自然素材の材料選び応援隊

O歯科+O邸 地鎮祭~地盤改良~遣り方~捨てコン

めざせロハスでオーガニックな無添加な家
O歯科+O邸 地鎮祭~地盤改良~遣り方~捨てコン
歯科診療所と住宅が併設されており、無添加住宅の外断熱エコ工法を基にしたもので、建築ができるまでの様子を随時ご照会していきたいと思います。
        皆様、応援お願いいたします。      
人気ブログランキングに参加しています。→ ブログ・ランキングに参加中 ←投票ボタン
投票していただける方はボタン押してね。ありがとうございました。

地鎮祭
解体工事も終わり、一旦敷地が平坦になり、これから建築する準備が整いました。この日は大安でしたので、地鎮祭を執り行いました。
この日神主様から、基礎工事の際に地面に埋設する「奉鎮」と書かれた木箱と上棟の際に天井裏へ張る御札を頂きました。
地盤改良
地盤調査の結果、地盤改良を必要と判断したため、地盤改良をすることに。
遣り方(やりかた)
建物の外周寸法並びに高さが図面通りに納まるかどうか、実際に測量器を使いながら糸を張って確認します。
地鎮祭で神主様からいただいた鎮め物を設置し、あとは埋めてしまいます。
捨てコン打設
基礎の鉄筋を配筋するためと墨出しがきれいにできるように荒くコンクリートを打設します。
また、土間の部分には砕石を敷き、十分転圧をかけた後、防湿のためにポリエチレンフィルムを張ります。

自然素材の材料選び応援隊

O歯科+O邸~現況・解体・地盤調査

めざせロハスでオーガニックな無添加な家
O歯科+O邸
会社からすぐ近くのところに今度新築建て替え予定の現場があります。ここは元々歯科医と住居が併設されており、今回も同じく歯科診療所付き住宅となる予定です。無添加住宅の外断熱エコ工法を基にしたもので、建築ができるまでの様子を随時ご照会していきたいと思います。
        皆様、応援お願いいたします。      
人気ブログランキングに参加しています。→ ブログ・ランキングに参加中 ←投票ボタン
投票していただける方はボタン押してね。ありがとうございました。

これが現況の建物。RC造平屋と鉄骨造2階建からなります。 解体工事
RC造があるため、少々解体工事に時間を要しました。リサイクル法が施行されてから分別する必要があり、コンクリートガラ、鉄、ガラス、木などすべて手作業も含めて行います。
解体工事をする前に旧診療所で使用していたものをいくつか、今度の新しい建物へ再利用することも考えています。1つ目はガラスブロック。いくつかある中で8つだけきれいに取り除きました。 懐かしい模様のガラス。
こちらも懐かしい模様のガラス。 この面格子は鉄でできており、少しデザインされていますので、どこかに再利用してみようと思います。あと、ここには写真がありませんが、診療所の受付のところにある小窓もどこかに再利用してみようと思います。
解体工事終了後、地盤調査を行います。
スウェーデン式サウンディング調査。
敷地の一番目立つ所に植わっていたツヅジとアジサイをまた敷地のどこかに植え直すため、移植作業を行っています。

自然素材の材料選び応援隊

減築でリフォーム!?

最近耳慣れない言葉として「減築」という言葉をよく聞きます。

増築というのは従来からあったことですが、それの反対として床面積を減らすということで減築といいます。

このような考え方は、最近団塊の世代の方が定年を向かえ、リフォームを考えるときにもう既に子供たちは独立して子供部屋の必要が無くなり、部屋数が多すぎるということから減らすという考えが出てきました。

建築基準法上ではどのようになるのでしょうか?法文では建築物の新築、増築、改築、移転又は大規模の修繕、模様替をしようとする場合は、原則として確認申請書を提出しなければならないとあります。増築は明記されているが、減築はありません。しかし、このような場合、改築にもあたるし、面積をマイナス○○㎡増築という考えもできますので、やはり必要でしょう。

バルコニーを取って屋根にするというのは、減ってはいますが、延べ面積は減りませんので、法的には減築にはあたりません。ただし、改築にはあたるでしょう。

①通風、採光が良くなる
②耐震性が増す
③省エネ効果(冷暖房軽減)
④2階をなくせばバリアフリー住宅になる
⑤間取りや生活導線が整理され、清掃が楽

より快適に無駄をなくした生活を

具体的にどのようなことが、減築することによって、生まれ変わるかというと・・・

・現状では庭の無い敷地いっぱいに建てられている住宅を減築することによって、庭ができ、家庭菜園で畑仕事を楽しめます。また、その部分に日が当たり、今まで日が当たらなかった部屋にも光が差すようになります。

・リビングの2階を減らし、2階の床と1階の天井を減らすことによって、開放的な吹き抜けの空間を作ることが出来ます。

・平面的に凸凹な形のした家は、構造的なバランスが取れていませんが、その出っ張りの部分を減築することによって、四角い平面に代わり、耐震性も増します。

結構、面積を減らすという考え方は、あっても行動には出ないものでしたが、実際減った後のメリットをイメージし、確信されると行動に移れるはずです。

グルーミングルーム

●お父さんの動線
通勤から帰ってきて、服を着替えるために2階の寝室にわざわざ上がって軽装着替える。次にお風呂に入った後、脱衣室でパジャマに着替える。その脱いだ軽装服はまた寝室へ持って上がるか、洗濯するという動線になります。朝、寝室でパジャマからスーツに着替える。そのパジャマはまた脱衣室へ持って降りるという動線になる。

●子供(奥様)の動線
子供は子供部屋にクローゼットがあるので、そこへ服を収納しています。普段着ている服は、脱衣室でパジャマと下着を着替えます。着ていた服は洗濯し、子供部屋のクローゼットに収納する。パジャマから普段着に着替えると、パジャマはまた脱衣室へ持っていくという動線になる。下着も全て脱衣室へ置いていることは無く、ある程度は子供部屋のクローゼットに収納している。これらの持ち運びは奥様がされるケースが多いので、家事の負担になっているのが現状。

●衣替え
夏服と冬服の衣替えはクローゼットではなく、衣装ケースなどに入れ、押入に収納します。これは滅多に取り出しすることが無いため、奥行きが深いので、どこにどの服が入っているか見分けがつきにくい。何年も着ない服が収納されたままになっている場合もあります。

●洗濯物の動線
洗濯した服は物干し場へもって行き、干した後、リビングなどでアイロンをかけ、折りたたんでまた各部屋のクローゼットに収納する。

GLUMING3.jpg

■これらの動線には日々無駄な動線がたくさんあります。
グルーミングルームの発想はこういう家事の動線をスムーズにする画期的な部屋なのです。
洗濯機とウォークインクローゼット、洗面脱衣室、物干し場(バスコート)、アイロン台(家事室)が一緒になった部屋、そこで家族全員がが着替えることができて、洗濯物も洗って、干して、アイロンあてて、収納してという動作がスムーズになります。しかも、寝室にはウォークインクローゼットが必要なくなり、子供部屋にも衣類用のクローゼットやたんすは必要なくなるので、部屋を広々と使えることができます。服の量が多ければこのグルーミングルームを大きくとってあげる必要があります。

■グルーミングルームに必要な設備
洗濯乾燥機、アイロン台のような作業台、ハンガーパイプ、中段、枕棚、換気扇、エアコンなどがあります。室内の内装は吸放湿性のあるしっくい塗りがおすすめです。また作業台でアイロンをあてたり、裁縫をするために採光のための窓はあった方が良いです。通風も考慮して、グルーミングルームの奥には出入り口を設け、扉にはガラリをつけると良いでしょう。洗面脱衣室には絶えず湿気があるので、こことの出入り口は常時閉めておく必要があります。

この部屋を上手に使いこなせば、今までとは違った新しい住まい方ができるのではないでしょうか。


※ここでいうグルーミングルームはペットのための部屋ではありません。

岸和田に和風鉄板焼店プロジェクト

変換 ~ DSC_1763.jpg
ここ1~2ヶ月は休日ともなれば実家近くのとあるお店の工事現場へ出向いています。それは岸和田市にある父の友人の家を鉄板焼店へリニューアルしてオープンさせるというプロジェクト。
プランニングは昨年の夏ごろから始まり、オープンは今年の3月上旬~中旬へ向けて。元々数奇屋住宅で非常に素晴らしい建物なで、極力元のいいところを生かそうという試みで始まりました。天井をはずすととてもいい「ごろんぼ」と俗に言う松の梁がかかっていました。これは吹き抜け空間にしてこの梁を生かした設計にしよう。それと、中庭や庭園があるので、これもいいかたちで生かそう。

中庭は白砂を敷き、床の下まで入り込んだ感じにして中庭を少しでも広がりをもたせました。植え込みの部分が海の白波の上に浮いた島。また瓦を横にして埋め込み、連続させることで波を表現しました。
竹を色々なところに活かしたいので、竹のモニュメントや庭園灯のシェード、竹の連続格子などに使用しました。これらの竹は地元岸和田の竹薮でとってきたものも利用しました。ついでにたけのこも掘りました。
工務店の人たちと色々協力し合い、作り上げてきました。

ようやく照明も点灯し、看板も付き、あとはオープンまで色々メニューを凝らし待つばかりです。