皆様、応援お願いいたします。   
人気ブログランキングに参加中にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ投票ボタン
投票していただける方はボタン押してね。ありがとうございました。

2017年06月13日

綿の種を植えてみました

綿ってどのようにしてできるかご存知ですか??

IMG_2728b.JPG

綿花っていうので、花のように咲いたのが綿で、その綿の中に種が潜んでいます。
今日は種をいくつか植えてみました。

IMG_2729.JPG
8月くらいには綿ができるかな???

今回は茶色い綿もあるので、一緒に植えてみました。農薬をまかずに育てると、オーガニックコットンですね。

IMG_2729.JPG

綿ってどのようにしてできるかご存知ですか??


綿花っていうので、花のように咲いたのが綿で、その綿の中に種が潜んでいます。
今日は種をいくつか植えてみました。

IMG_2767b.JPG

8月くらいには綿ができるかな???

今回は茶色い綿もあるので、一緒に植えてみました。農薬をまかずに育てると、オーガニックコットンですね。


▼▼▼つづきの記事を読むはこちら
ラベル:衣料
posted by 袋谷 at 18:12| 大阪 ☀| Comment(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

築10年の無添加住宅にシロアリ対策のボロンdeガードを床下に施工

築10年の無添加住宅にシロアリ対策のボロンdeガードを床下に施工しています。
これはホウ酸を精製度を高めたものでティンボアというものを使用し、なめても大丈夫ですし、一度施工すれば半永久的に効果が持続します。
一階の床面積が40坪近くあるのでとても広いです。
ボロンでガードは日本ボレイト株式会社の商品で、無添加住宅と業務提携しています。


posted by 袋谷 at 10:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

The Farm Universal (茨木市)

The Farm Universal (茨木市)
なかなかの見ごたえのあるプラントショップです。
ユニバーサル園芸さんがされているショップですが、サボテンや多肉系、エアプランツ系、オリーブ、熱帯蘭系などがたくさんあります。まさにプラント遊園地という感じ。
鉢やハンギングなどの小物もなかなかデザインされたものがあります。ここでカフェ&ランチしたり、子供は公園で遊べます。
https://www.facebook.com/thefarmuniversal/
画像に含まれている可能性があるもの:室内
画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:空、木、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人、植物、屋外


ラベル:
posted by 袋谷 at 00:07| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

お餅にカビは生えますか? カビは全て悪者ではなかった!

めざせロハスでオーガニックな無添加な家

お餅にカビは生えますか?カビは全て悪者ではなかった! 年末年始でお餅つきをされた方も多いと思います。鏡餅を飾られているところは、地方の慣習に よっても異なりますが、松の内が終わる小正月(1月15日 (旧暦))後の1月20日 (旧暦)に鏡開 きを行われます。 無添加なお餅だとその頃にはカビが生えているのも見られます。

        皆様、応援お願いいたします。       人気ブログランキングに参加しています。→ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ ←投票ボタン 投票していただける方はボタン押してね。ありがとうございました。
では、このお餅に生えるカビは食べれるのか?
ネットで調べても食べない方が良いとか、カビの部分を切り取ってなら良いとか色々出てきますが、基本的にカビ自体が悪いものと日本人は思い込んでいる人が多すぎます。日本は西洋医学が先行していますので、カビ菌=バイ菌と教育され、菌は殺菌・抗菌しなければいけないと頭に植え付けられているのです。
 
このお餅に生えるカビの多くは、青いモスグリーンの色をしているカビ「ペニシリウム」です。赤いカビや黒いカビも中には混じっている場合もあります。これは、体に影響のないものと悪いものとがあるので、見分けがつきにくいんです。赤色の場合、紅麹カビは良いですが、フザリウムはカビ毒、黒色の場合、黒麹カビは良いですが、クラドスポリウムは悪いものです。
 
ペニシリウム=抗生物質
アオカビがペニシリウムと言いましたが、実は医療ではこのペニシリウムの菌を培養して、ペニシリンという抗生物質を作っているのです。細菌性による感染症にかかったときにこの抗生物質を投与することで、この細菌と戦います。言い換えれば体の中にアオカビを植えつけるようなものなのです。
 
そもそもカビは目に見えているものだけではありません、カビ=菌です。
 
空気中にその菌糸が無数に飛んでいますし、普段生活している中で吸っています。お餅についてカビを切り取ったからといっても見えない菌糸は多少ついています。
 
また、腐敗のように人間に都合の悪いものをカビと呼んで、麹菌やイースト菌などで発酵されるように都合の良いものを酵母と呼んでいます。また発酵によってアルコールが生じますが、そのアルコールを飲んでも一般的には大丈夫ですが、まれに中毒を起こす方もおられます。その人の体調や体質にもよるもので、カビも同じようなことも言えると思います。
それよりも大事なことがあります。
最近では食品メーカー製の鏡餅を購入されている方が増えていますが、こちらは添加物として防腐剤や酸化防止剤などが入っているものが多く、カビが生えません。この防腐剤が体にある善玉菌も殺し、体内にも蓄積されていくものもあるのです。 日本の食品の法律では、食品添加物の規制が世界よりとても低すぎて、防腐剤は発がん性物質なのに、基準をクリアしているから大丈夫となっています。でも、こういう物質は体に微量ずつたまっていくということを忘れないでください。たまったものは、やがて塊のように大きくなっていきます。それが悪性腫瘍(がん化)の始まりです。
自然素材の材料選び応援隊
posted by 袋谷 at 01:26| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

【実験】新建材住宅 と 無添加住宅 どちらが カビやすい?

めざせロハスでオーガニックな無添加な家
新建材住宅 と 無添加住宅 どちらが カビやすい?

無添加住宅はカビが生えやすいと思い込まれている方もおられます。今回はそのことを実際の実験をして確かめてみたいと思います。

また、温度や湿度の関係でカビは生えやすいのか? 食パンを実験に使用しますが、スーパーなどで販売されている大手メーカー製のパンと町のパン屋さんで販売されているパンとでは、どちらがカビが生えやすいのか?なども検証してみたいと思います。
        皆様、応援お願いいたします。      
人気ブログランキングに参加しています。→ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ ←投票ボタン
投票していただける方はボタン押してね。ありがとうございました。
漆喰+無垢床 vs ビニールクロス+合板床
大手メーカーのパン vs 町のパン屋のパン




まずは、実験に使用する箱を作ってみます。
ホームセンターで販売されている水槽を2つ用意します。1つは、ガラスに直接無添加住宅オリジナル漆喰を塗ります。 床には無垢材としてのシンゴンのフローリングを置きます。フタになる天井部分にも少し板に傷をつけて漆喰を塗ります。
ビニールクロスはホームセンターで販売されているものを使用し、説明書きには、防カビ剤配合や抗菌、でんぷんのりには、カビ止め剤入りというものをあえて購入しました。


食パンには、2種類を用意しました。

1つは、大手メーカー製のパンで、あえて「無添加」という表示が書いているものを選びました。

もう1つは、町のパン屋さんで売っているパンを使用しました。




初日いきなり湿度に変化が見られました
3日目までパンには変化無し
4日目、新建材の方で、
町のパン屋のパンに変化が・・・
5日目
6日目カビが顕著に現れた
無添加住宅の方は変化無し
結果

カビは湿度に影響されます。調湿性の無いビニールクロスの空間では、食べ物などは特にカビが生えやすいということです。
また、知らないうちに食べているスーパーで売られているメーカー製のパンには、お客様からのクレームを減らすためにカビないものを添加されているようです。パッケージにわざわざ「無添加」と書かれているのに全然結果は違ったものとなったことにとても残念でした。
カビが生えない食べ物というものも疑う必要があるのです。

カビは、どこにでも胞子は飛んでいますし、カビにも体に悪いものと、悪くないものとがあります。

湿度が70%を超えてくると、生えやすい環境といえますので、湿度管理は必ず行いましょう。

自然素材の材料選び応援隊

posted by 袋谷 at 01:52| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

プラントハンター西畠清順氏講演会(陽春園にて)

めざせロハスでオーガニックな無添加な家
プラントハンター西畠清順氏講演会(陽春園にて)

先日、情熱大陸で放映されていたプラントハンターの(株)花宇、「西畠清順氏」が講演会を行うというので行ってきました。
西畠氏は明治時代に創業した(株)花宇の5代目にあたる老舗の植物卸しの会社のあととり息子ですが、若い頃は全く植物にも興味が無く、名称すらもわからなかったという。しかし、19歳の頃、父親の西畠勲造氏からオーストラリアへ留学に出されるが、色々な旅も経験する。ある時、世界で一番大きな食虫植物に出会い、植物への興味が湧き始めた。それから、どんどん植物の魅力や奥の深さに惹かれていき、人が求める植物を追い求めて、世界中の秘境を駆けずり回っているという超多忙な方でした。
この情熱大陸を見ていて、ちょっと待てよ。無添加住宅の開発者「秋田憲司氏」も昔、学生の頃、蘭の新種を追い求めて単身で中米に行き、彼もまた植物に取りつかれるようになったきっかけが食虫植物だったということを思い出した。http://www.mutenkahouse.jp/kenji/astra/column03.html
ということで、共通点を感じてしまいました。
        皆様、応援お願いいたします。      
人気ブログランキングに参加しています。→ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ ←投票ボタン
投票していただける方はボタン押してね。ありがとうございました。
プラントハンターとは、植物を世界中から採取して、商売として成り立つことが、この言葉の意味だとおっしゃってました。現地で、超レアな種でも、検疫で引っ掛かり、持って帰れないこともあったり、土は輸入できないとか、現地人は様々な人がいて、売買成立したのに物を送ってこないなど・・・いろんな経験をされたとか。
植物は、美しいものや珍しいものは、その1本をわざわざ見に来る人もいるくらい人を寄せ付ける。また、植物は全く知らない人や人種や年齢の違いをも超えて人と人を繋ぐものだという。 植物には、人を喜ばせるものや時には毒になり人を殺すこともできる。シーンによっては泣かせることもできる。それぞれのドラマチックなシーンがあり、ひとつひとつ理解するととても奥が深い。人の人生をも動かされてしまう。そんな植物の魅力はまだまだ続くであろう。私も植物に対する考えがまたひとつ違った見方ができるんじゃないかと思いました。
株式会社 花宇

兵庫県川西市絹延町3-10
TEL/072-759-3765
一般の方への植物の販売はしていません。
http://www.hanau.jp
宝塚市の山本という街は、この辺り一帯は、造園屋さんがたくさん集まっているところで、その中にもひときわ大きなお店をもつ陽春園さん。園内には、カフェも併設され、植物のわからない雑学もスタッフに聞けば、丁寧に教えてくれます。
こういった小物もおしゃれなデザインの物があります。

株式会社陽春園植物場
兵庫県宝塚市山本台1丁目6-33
PHONE:0797-88-2112(代表) FAX:0797-88-0397
OPEN:AM9:00 〜PM18:00 定休日 なし
http://www.yoshunen.co.jp/index.html

自然素材の材料選び応援隊

posted by 袋谷 at 00:16| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

ダニに似た虫の正体は「チャタテムシ」でした

めざせロハスでオーガニックな無添加な家
最近は朝晩涼しくなりましたが、ほんの少し前、まだムシムシと湿気があった暑い日、ふと、無垢の木のテーブルの上を見ていると、何やらダニのような小さな虫が数匹動いていました。

とりあえず、消毒用アルコールで円を描いて、その虫たちを囲ってみると、そこから出ようともしません。
chatateimage.jpg

一匹だけ直接アルコールを一滴落としてみると動かなくなってしまいました。採取して顕微鏡で見てみることにし、その虫をインターネットで検索すると、チャタテムシということがわかりました。時間が経つと少しずつ回復したのか、動き出してきました。死んだわけではなかったようです。

DSCF8288.JPGchatateimage1.jpg

■チャタテムシ


「チャタテムシ」(漢字で書くと、茶立虫)(主に住まいで見られるのはヒラタチャタテ:チャタテムシ目コナチャタテ科)は日本を含んだ全世界でみられる、ワールドワイドな虫です。

成虫は1〜1.3mmと小さく、翅は無く飛びませんが、割合活発に動き回るのが特徴で、1匹1匹は小さくても、大量発生するとワサワサ蠢き、ものすごく気持ち悪いのものです。

見た目のサイズなどからダニに間違われることも多いのですが、チャタテムシ自身はダニと違って人を咬んだり刺したりはしません。

ただチャタテムシはツメダニに捕食されるため、<チャタテムシが殖えるとダニが殖える>という相関関係にある点に留意しなければなりません。

チャタテムシは雑食性で、ダニ同様ホコリや人間のフケなども食べますが、特に好むのは「カビ」です。

また、冬の間、結露が続いた窓近辺の壁面(壁紙の内側)などで大繁殖することがあり、結露に思い当たるふしのあるお宅では要チェックと言えます。

つまり、およそ高温多湿で薄暗い不潔な状態(カビが生えるなど)を最適環境としますので、ゴキブリ並みに住まい内で繁殖されては不名誉な害虫であるといえます。

予防と対策

その発生を予防するためには、乾燥が第一です。特に梅雨から夏にかけての、屋内の通風(収納部も含め)を心がけることで、吹きだまりになるところやごみが多い所に要注意です。かなり住まいのカビ対策に影響しますので、チャタテムシ予防の観点でも、大変重要です。住宅では外からの風通しを重要視しますが、梅雨時の湿度が高い時に窓を開けると逆効果です


一般的なビニールクロスの家では、我慢できないかもしれませんが、無添加住宅のようにしっくいを塗られている壁の場合は、湿度を吸ってくれますので、窓を閉め切った方が良いのです。逆に調湿効果のある内装の場合、湿度の高い日に窓を開けていると、ドンドン湿気を吸うと思いますが、限界を超えると吸いません。

また、長く段ボール箱を床に直置きしておくこともあるかと思います。しかし、これもダメです。古新聞・古雑誌の放置も避けたほうが良いです(特に、ジメジメと湿った部屋は危険)。

チャタテムシは、ほぼどんな住まいにもいます。多少の発生では実害もほとんどありませんし、見つけ次第、洗剤で拭き取ったり掃除機で吸い取るなどの対処でも十分処理できます。

発生箇所が床や壁面であれば、まずエサとなるカビを「消毒用アルコール」を塗布し、カビを殺します。間違っても殺虫剤などをまかないようにしてください。市販の殺虫剤は体に蓄積してしまうので、虫を殺すつもりが、自分の体を痛めてしまうことになるのです。

アレルギーの原因はダニやカビなどでは無く、こういった殺虫剤や抗菌剤、消毒などの行為をお子さんにしてしまうからなんです。お母さんの行動が家族をアレルギーにしてしまっていることに気付いてください。蚊除けのスプレーや塗るタイプも皮膚の汗腺からその成分が入ってい行き、血液に溶け込み、脂肪分に蓄積していきます。

でも、あまりにも大発生してしまったチャタテムシ駆除は、害虫駆除業者等のプロへの相談・依頼をおすすめします。また、それはもともとある住まい自体の問題を解決するきっかけになるかもしれません。よく、新しい虫を見るとすぐ、住宅を建てた工務店へ電話をし、欠陥住宅というかのごとく言われる方がおられますが・・・ちょっとそれは、ようく考えて下さい。実は恥ずかしい話なのです。自分ところの失態をさらけ出しているということなのです。


むてんかスタイルふくろや
 
自然素材の材料選び応援隊
posted by 袋谷 at 15:14| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

バルコニーに簡易ビオトープ

めざせロハスでオーガニックな無添加な家


以前は、ガラスの水槽で生き物を飼っていましたが、水槽が少し小さめなので、生き物もあまり自由に動き回れない状態でした。今回バルコニーをリフォームする際に簡易のビオトープを作ることにしました。実際は水を循環しているわけではないので、ビオトープと呼ぶには乏しいかも知れませんが、バクテリアで十分ビオトープ内は浄化されているようです。
器ですが、左官用のトロ箱でも良いのですが、低コストでしようと思い、今回はプランターを利用しました。通常販売されているものより少し大きめの物を利用しました。

前回のバルコニーに花壇の作り方はこちら→

        皆様、応援お願いいたします。      
人気ブログランキングに参加しています。→ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ ←投票ボタン
投票していただける方はボタン押してね。ありがとうございました。
ベランダに簡易ビオトープ
プランターの中にメッシュのプラスチックが入っていると思いますが、ちょうど端の方にキャップがついています。これをちぎって、水抜き穴をふさぎます。 キャップだけでも特別水漏れは見当たりませんでしたが、念のためシーリングをしました。
底に砂利を敷き、赤玉や軽石、麦飯石などをいれます。さんごも散りばめました。水を張り、カルキ抜きを入れ、川から取ってきた水を注ぎ、約1週間くらい放置しました。水質も濁っていたものから徐々に透明になっていきます。 ホームセンターでメダカが喜ぶ水草「ナガバオモダカ」とオオサンショウモがあったので、購入してきました。すると10日くらい経って何やら小さい生き物が動いているのが見つかりました。よ〜く見るとメダカの稚魚でした。おそらく水草に卵がくっついてきたのでしょうか。
先日、泉佐野の実家へ帰った時に少しだけ山の方へ行くと、田んぼがたくさんあり、用水路や溝に網を入れてみると、ヌマエビがとれました。そこで採ってきたものです。約30匹くらいいるのではないかと思いますが、今ではなかなか大きく育っています。
カエルはバルコニーに放し飼いにしています。普段はどこかに隠れているのですが、たまに暑くなるとビオトープに現れます。 メダカは成長がとても早いですね。水草を購入してついてきた卵からかえった稚魚がもう大人になり、またそれが卵を産み、稚魚が泳いでいます。

自然素材の材料選び応援隊

posted by 袋谷 at 17:16| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

ダンゴムシでリサイクル

ダンゴムシを飼いはじめました・・・

ダンゴムシなんて・・・と思うかもしれませんが、そう、ダンゴムシはどこの庭でもいる全く珍しくもない虫です。しかし、これを飼いはじめるのには、たまたま書店で見かけた本がきっかけでした。

ダンゴムシはどんなものを食べているのか?

色々あげましたが、キャベツが一番大好物のようです。キャベツの葉を一枚いれてやると、次の日には葉はガタガタになってすごい勢いで食べている様子がわかります。あとは、落ち葉や野菜の残飯など結構、何でも食べます。

この食べた後に糞をして、土となるのです。

なんともロハスではないですか。家庭の生ごみを堆肥にしてくれる。土はこうやって増えていくのだなぁ〜と感心して観察しています。

また、脱皮もします。卵も産んで子供も増やします。乾燥してくると少し弱くなるようです。絶えず、湿気が必要なみたいですが、水を与えすぎると、土にカビが生えたり、ダニが繁殖したりします。最初は白いものすごく小さな粒が動いていたので、わからなかったのですが、顕微鏡で覗いてみるとダニというのがはっきりわかります。

ダンゴムシは昼間は物の陰に隠れていますが、夜になると続々と出てきて活動しています。
DSCF7160.jpg DSCF7163.jpg
posted by 袋谷 at 21:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

アイ創建さんバスツアー&セミナー

今日は神奈川県秦野市にあるアイ創建様のお客様を無添加住宅横浜モデルハウスへご案内するバスツアーの添乗員役として行ってまいりました。

モデルハウスに到着後は開発者秋田憲司氏によるセミナーが待っていました。初めて聞く方には驚きの内容だと思います。最近は、建材や住宅のお話はほとんどしません。菌であるとか毒、農業、江戸時代の暮らし方などが中心です。

今日はまたまた新しい収穫です。いつも少しずつバージョンアップしていきますので、私自身もためになります。

生きた乳酸菌は食べても腸にまで到達しない。

というのです。
人間の胃では、強力な胃酸がでていて、乳酸菌はそこでなくなってしまうというのです。最近流行のLG21はどうですか?という質問に対して、それは、胃のピロリ菌を退治してくれるので、それはいいんじゃないですか。ということです。

人間の胃は指をも溶かすくらい強酸性なのに、胃は強い粘膜で保護されているので溶けません。しかも腸に行く途中で中性に変わるのです。

それと、東洋医学で漢方薬というのをよく聞きますが、あれは実は植物の中でも毒ばかりで、人間の体内に入れると抗体が反発してその人間本来の治癒力を高めるといいます。

もう一つ。アメリカという国は大嫌いとのこと。ユダヤ人の考えることは、すごい。すべて自分たちの都合のいいように仕組みを考え、儲かるようにしています。漆喰の歴史は2000年とも5000年とも言われますが、文明のあるところでは必ず使われていた。エジプトのピラミッドの内装も漆喰、万里の長城も漆喰、高松塚古墳も漆喰。しかし、ここ最近、アメリカはこの漆喰文明を途絶えさせた。
また構造用合板はアメリカが普及させたもの。あれはアメリカやカナダでないと売ってはいけないという仕組みを考えています。
日本が戦争で負けた時、給食という仕組みを導入させたと・・・そこには小麦を使うパンを主食とし、小さい頃から子供たちにパン食を覚えさせた。そうすると、大人になってもマクドナルドのようなパン食をどんどん食べるようになると・・・
バイオエタノールといういかにも環境にやさしいというイメージでこれまた全世界に進めようとしている。しかし、これは飢えや貧困、原材料の高騰など引き起こします。しかし、それで儲かった資金を貧困者へ一部寄付するという仕組み。これも悪いはずなのにいいことをしているという錯覚に陥らせてしまっています。
すべてアメリカの仕業であるとのこと。

次はどんなネタが飛び出すでしょうか。
少しずつ紹介していきたいと思います。
posted by 袋谷 at 17:39| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

きのこ狩り

めざせロハスでオーガニックな無添加な家
きのこ狩り
先日、会社でキノコ狩りに行ってきました。キノコ狩りに行くのは初めてで、一度は行ってみたいと思っていました。ただ、食べれるキノコと毒キノコの区別がつかないのですが、うちの社長にはそれがわかるので、全て採ったら聞くことにしました。

場所の詳細は言ってしまうと次から先に採られてしまう可能性があるので、極秘です。ただ、西宮市の山中ということだけでしょうか。採取したキノコの種類は、ハタケシメジ、アミタケ、ハツタケ、アカハツ、クギタケ、ヌメリイグチなどがあります。昨年も少なかったみたいですが、今年は昨年よりも少なかったようです。これも温暖化が続いているせいなのでしょうか。

キノコの一部を顕微鏡で観察すると、菌糸が縦横にはしり、粒状のものがたくさん見えます。中には、こんぼう状の細胞の頭に胞子の細胞を担子器といい、これを作るマツタケ、シイタケは担子菌のキノコです。一方、袋状の細胞の中に胞子を作るキノコがあり、この袋を子嚢といい、担子器も子嚢も有性生殖によって生じる細胞です。実は、キノコはカビの“花”に相当する部分なのです。

昨今、カビが家の中に生えたというだけで、大騒ぎしている方々が多いようです。パンやもちに生えるカビがすぐ思いつくのですが、カビには悪者という響きがあります。しかし、抗生物質のペニシリンはアオカビから作られ、味噌やしょうゆを作るためにコウジカビは不可欠です。植物遺体は、主に力ビの働きで分解され、肥沃な土壌に変わっていきます。むしろよいカビのほうが多いのです。

        皆様、応援お願いいたします。      
人気ブログランキングに参加しています。→ ブログ・ランキングに参加中 ←投票ボタン
投票していただける方はボタン押してね。ありがとうございました。

今年は少なかったそうです。
ハタケシメジ 毒キノコのドクベニタケ
色々な種類のキノコです。 朝、採れたてのアサリです。
アサリとアスパラガスの酒蒸し キノコ鍋
ハタケシメジはなかなかコリコリという触感がおいしいです。
山の幸6種セットのこだわり今回のラインナップは次のとおりです
無農薬栽培のこだわりキノコ6種セット
【送料無料】
秋のきのこ6種山盛りセット(バイオさん)
当店通常価格 2,400円 (税込)
特別価格 2,280円 (税込) 送料込

自然素材の材料選び応援隊

ラベル:キノコ カビ
posted by 袋谷 at 00:46| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(5) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

ここ最近の我が家の生き物事情

りんくうLINES管理人gufoの日記
ここ最近の我が家の生き物事情
ゾウカブトはやっと1年経って変化があらわれました。しかし、いつ見ても大きいです。
スマトラオオヒラタクワガタは、いつも凶暴で、素手で持とうとすると、怒ってきます。
ツチガエルには毎日、ダンゴムシなどの生きた虫を餌として与えています。
その他に、エンマコウロギ、カマキリなどもいます。カマキリは卵を産みつけました。
エレファスゾウカブト
1年前にもらった幼虫がやっと蛹になりました。しかも2匹同時に。
土が乾燥していた時になにやらあまり動かない状態が続いてたので、少し水分を入れてやると、なんと、次の日に蛹室を作っているではないか。あ〜、もっと大きな容器に移しておくべきだったと思っても手遅れ。もう移動することはできません。ちょっと1匹は容器の壁に当たっているのが心配ですが・・・。
スマトラオオヒラタクワガタ
成虫になって1年ほどなりますが、メスがいないので、一人さびしく冬を迎えるのでしょうか・・・。計測してみると約77mm程度でした。
ツチガエル
夏に有機栽培の畑で捕まえたカエルです。4匹いたのですが、なぜか1匹だけ姿を消していたので、どうしたのかなと思っていると、ある日、我が家のつくばいにいました。しかも、体も大きく、おなかも大きい。さてはいろんな虫を食べてくれたのでしょうか。
 
新タイプビートルマット
★効果が違います!専門店がお届けするカブトムシの、爆産・巨大幼虫育成用プロ仕様の昆虫マット


10リットル袋入り
国産カブトから高級外国産カブトまでバクテリアの力を利用し採卵、幼虫飼育共に安心して使える昆虫マット(カブトマット)に仕上げてあります!

価格 1,575円 (税込) 送料別
カンタン昆虫標本セット
「カンタン昆虫標本セット」は、今までとは違い、まったく新しい方法で簡単に昆虫標本を作ることができます。従来の標本のように手足が硬直せず、自由に動かして、手足の形状や関節の動きをじっくり観察することができます。


当社販売価格: 839円 (税込 880 円) 送料別

posted by 袋谷 at 21:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

大阪市立自然史博物館

めざせロハスでオーガニックな無添加な家
大阪市立自然史博物館
長居公園にあるこの博物館は人間をとりまく「自然」について,その成り立ちやしくみ,その変遷や歴史を,展示や普及活動,研究を通して広く知ることのできる施設です。
この日はある昆虫を調べるために無料ゾーンの「花と緑と自然の情報センター」へ行きました。この館内では、大阪の各地の自然を紹介されています。木、昆虫、動物、鳥、植物など標本でいろんな種類がありました。

住所 〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23
TEL 06-6697-6221
開館時間 (7月21日〜8月30日)の土日 開館午前9:30 閉館午後6:00(入場は午後 5:30 まで)
3月〜10月 開館午前9:30 閉館午後5:00(入場は午後 4:30 まで)
11月〜2月 開館午前9:30 閉館午後4:30(入場は午後 4:00 まで)
休館日 月曜日(休日の場合はその翌日)
年末年始(12月28日〜1月4日)
入場料 大阪市立自然史博物館・長居植物園共通
大人 300円 、高校生・大学生 200円 、中学生以下 無料
市内在住の65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方 無料
植物園へも入場できます。
花と緑と自然の情報センター 無料
ただし特別展の観覧は別料金
交通アクセス 地下鉄御堂筋線長居駅 南改札口3号出口から東へ約800m 
駐車場 255台最初の30分100円。以降15分毎に100円

その調べにきた昆虫ですが、コマユバチとわかりました。
コマユバチは蜂ですが、人を刺すことはなく、5〜10mmくらいととても小さく、実は寄生虫なんです。いろいろ調べてみると、有機野菜を作る時にも農薬の代わりにこのコマユバチを使うこともあるのです。アオムシコマユバチといって、れっきとした農薬として生きた昆虫が瓶詰めで販売されています。これは、天敵農法といって、アオムシがいるところにこのコマユバチを放すと、アオムシ目掛けてコマユバチは、針を刺し、卵を産みつけます。それが、大きくなっていき、やがてアオムシは死んでしまいます。ただ、コマユバチもアオムシがいなくなると、いつかは消滅してしまいます。

しかし、日本の農業で、この天敵農法を使っても、無農薬野菜とうたえないという変な法律があります。これは、このアオムシコマユバチも農薬として国が指定しているからなのです。しかし、どう考えてもおかしい。もっと、毒性のある残留農薬を使うところがあるのにもかかわらず、規制せず、こんな害の無いものを規制しているという不甲斐無さ。
        皆様、応援お願いいたします。      
人気ブログランキングに参加しています。→ ブログ・ランキングに参加中 ←投票ボタン
投票していただける方はボタン押してね。ありがとうございました。
長居公園 大阪市立自然史博物館
和泉山脈に生える木の種類
ナラ・クリ・サクラ・ブナなど
キノコの展示 昆虫の標本がズラリ
コマユバチ コマユバチのなかま
 
合鴨米・無農薬・無科学肥料栽培・一等米
合鴨米・白米・7分搗き・玄米を選択できます!
【19年産 新米】

合鴨農法米(ヒノヒカリ) 5kg
 (熊本県産) 予約販売

価格 3,680円 (税込) 送料別
安心・安全・美味しいがうれしい!
エコファーマー白鳥農園の
種のとっても少ないニューサマーオレンジ(日向夏)
L玉9個入り(約1.4〜1.5kg)


通常価格 2,940円 (税込) のところ
特別価格 2,200円 (税込 2,310 円) 送料別

害虫の駆除には天敵の虫を利用した自然農法。白鳥農園は農林水産省の指定するエコファーマー指定を制度ができた年に認定された 環境にやさしい農業生産を行う農園 なのです。

自然素材の材料選び応援隊

posted by 袋谷 at 23:20| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

天王寺動物園(大阪)

りんくう旅行通信|天王寺動物園(大阪)

天王寺動物園(大阪)
Tennouji Zoo
訪問日 2006-9-23
作成日 2006-9-28
 天王寺動物園は大正4年(1915年)1月に日本で3番目の動物園として開園し、結構古いイメージがあるのですが、最近、着々とリニューアルをしていっているという噂を聞きつけ、行ってまいりました。現在約11ヘクタールの園内におよそ310種1500点の動物を飼育しています。

このリニューアルは動物の生息地の環境を可能な限り再現し、そこに暮らす動物の様子を紹介する「生態的展示」を行うZOO21計画の一環ということで、平成7年に生息地の現地調査を踏まえた爬虫類生態館「アイファー」が、平成9年に日本初の水中透視展示プールを有するカバ舎が、平成10年にアフリカのサバンナを再現したサイ舎がオープンし、平成12年にアフリカサバンナ区草食動物ゾーンをオープンし、現在平成16年1月31日にはアジアの森・ゾウ舎がオープンしました。

この展示方法は今まで、お客さんが結構遠くのほうでしか見れなかったものが、結構近くで見れます。また、どこからでも見れるオープンにしていたものが、お客さんの視線を動物があまり気づくことの無いような工夫をしていたりします。昔の動物園は岩や土が少なく、コンクリートが多かったのが、本当に現地にいるような自然なつくりをしていました。大阪市の都市の真ん中にサファリパークのような雰囲気がしました。
駐車場は天王寺公園の地下にある市営の駐車場に停めたんですが、最初1時間380円と思い込んでいたら、帰りに30分380円と勘違いしていて、5時間で合計が3800円と金額にびっくりしました。今時市内で1時間760円は高すぎるかと・・・。怒怒!!
▼▼▼つづきの記事を読むはこちら
posted by 袋谷 at 20:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

カブト・クワガタムシの飼育

丁度1年前の夏、会社の若手メンバーらで琵琶湖のほとりにある森でカブトムシを採りに行きました。
採り方は秘伝の仕掛けを明るいうちにクヌギの木にセットします。仕掛けはバナナをスライスしたものをビールに1日浸して、お酢をまぜたものを使います。若しくは市販の飼育用ゼリーを使っても良い。ただし、効果は秘伝の仕掛けの方が成果がありました。

この仕掛けをクヌギの木の穴が多くあいているような木にぶら下げ、その下にガムテープを巻きつける。この仕掛けにアリがつかないようにガムテープは粘着面を表にします。

暗くなってからガムテープのあるところを探っていきましたが、成果がありません。そこで、もうそろそろ終わりかなと思った頃にコクワガタのメスとカブトムシのオスが見つかりました。おまけに街灯のところにカミキリムシが3匹いました。あとカブトムシのメスを追加し、飼育することに。


秋頃になって、採集してきたカブトムシは死んでしまいましたが、土の中になんだか糞のようなものがたくさん表面に見えていたので、土を掘って見てみると、なんと子供を生んでいました。数えてみると幼虫が全部で8匹もいました。
幼虫は土を食べて育つので、すぐにマットを追加で入れてあげ、量を増やしました。あとは外で飼うとすればこの冬を乗り越えるための寒さ対策をしなければ・・・飼育ケースの廻りに断熱材を巻く必要があります。果たして次の夏には何匹の幼虫が成虫になるでしょうか。
続きを読む
posted by 袋谷 at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀)

りんくう旅行通信|滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀)

滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀)
Lake Biwa Museum
訪問日 2006-8-13
作成日 2006-8-13
琵琶湖に関する自然・歴史の双方をとりまとめている博物館
展示は、「琵琶湖のおいたち」、「人と琵琶湖の歴史」、琵琶湖地域を題材とした自然と人とのかかわりや相互作用を表現し環境について考えるきっかけづくりをする「湖の環境と人びとのくらし」、琵琶湖を中心とした日本の淡水の生き物、および世界の代表的な湖の魚類の展示を行う「水族展示室」などからなる。
建物は立派で展示内容も博物館に水族館がプラスされて、濃いものばかり。閲覧時間もなかなかの時間を費やします。しかも入場料金が大人600円というのはうれしい。琵琶湖の生態系や環境を大切にすることも勉強できます。

▼▼▼つづきの記事を読むはこちら
posted by 袋谷 at 20:07| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

カブトムシ無事かえりました

昨年、卵を産んだカブトムシが8匹幼虫となって、越冬し、この夏、やっと8匹全て成虫にかえりました。オスが1匹、メスが7匹という結果でしたが、全てかえって良かったです。小さい頃、カブトムシは飼ったことはありましたが、サナギから成虫にかえったのは初めてでした。

変換 〜 DSCF1156.jpg変換 〜 DSCF5683.jpg
変換 〜 DSCF1187.jpg
posted by 袋谷 at 19:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

大阪府営箕面公園昆虫館

変換 〜 DSCF1024.jpg
箕面の滝から山の道を歩いて20〜30分。車では行けない位置にあるこの昆虫館。ここにまで辿り着くまでに色々な昆虫と遭遇してきて最後にこの昆虫館。なんとも考えられた場所にあると思いました。箕面の滝からより阪急箕面駅からの方が近いかも知れません。
ただ、歩いていると途中に車がくるのでちょっと驚きましたが・・・。
ちょっと山奥にあって不便だから、流行ってないと思ってたけど、最近は子供の中ではカブトムシやクワガタムシのブームだからここも人気のスポットなんでしょうねぇ。

変換 〜 DSCF5109.jpg変換 〜 DSCF5108.jpg
■大阪府営箕面公園昆虫館
○開館時間
午前10:00〜午後5:00(入館は午後4:30まで)
○休館日
火曜日が休館(祝日のときは開館し、翌日が休館)
○入館料
大人 270円(団体 190円)中学生以下無料 ※団体は、30人以上
○所在地
〒562-0002
大阪府箕面市箕面公園1−18
TEL:072-721-7967 FAX:072-721-3140
変換 〜 DSCF5115.jpg
ガラス張りのアトリウムの中にはたくさんの種類の蝶が飛んでいました。
posted by 袋谷 at 19:37| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

木材食害性昆虫の生態

京都大学生存圏研究所に行って参りました。木材食害性昆虫の生態や木材劣化生物を用いた環境修復と新規エネルギーの創成、極限状態における木材の劣化等を研究されている京都大学博士(農学部)吉村剛助教授の研究室を訪れました。

研究室には様々な国から送られてきた木が並べられており、1つ1つシロアリの食害についての実験を行われています。シロアリに強い木はヒバがありますが、豪州ヒノキ(サイプレス)も強いことがわかりました。ヒノキ、スギも白身の木の辺材は食べますが、赤身の心材は残っています。地下には飼育実験として5000万匹もいる中で研究されています。

集成材の接着剤の部分は強いかと思いましたが、全く効果無く食べられていました。その他にシロアリはアルミの板や断熱材も食べることがわかり、最近よく見られる炭パウダーや塗料において、炭単体では全く効かないこともわかりました。シロアリは元々暖かい地方に多く存在し、沖縄県では木造の建物は既にほとんど無く、鉄筋コンクリート造だということです。本州も温暖化によって徐々に北東方向へ進出し、イエシロアリは静岡県まで達しています。

あと驚いたのですが、土に接していない部分に空中に渡り歩くことができる「空中蟻道」というのもシロアリ自身が構築できるということです。


シロアリ実験飼育室 シロアリ

京都大学生存圏研究所のホームページ

居住圏環境共生分野研究室のホームページ
ラベル:木造 防蟻
posted by 袋谷 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
  1.無添加住宅正規代理店訪問
2.無添加住宅施工現場中継
3.無添加住宅漆喰でシーサー作りに挑戦
4.豚・鳥インフルエンザには無添加住宅しっくい
5.無添加住宅 of ロハスフェスタ
6.毎日放送「住人十色」で放映されました
7.人工大理石の燃焼実験
8.無添加住宅漆喰のバーナー燃焼実験
9.「漆喰復活」
10.漆喰だんごの作り方
12.米のりはお米から作ります
13.しっくいでシックカー対策!!
14.化学物質過敏症(CS)患者さんのためのリフォーム
15.無添加住宅の有料老人ホーム
16.アレルギー人生は2才までに決まる
17.グルーミングルーム
18.LOHAS(ロハス)な無添加住宅
19.寝室が危ない
20.インドネシアの珪化木
21.結露は意外なところに起こっている
1.全国の建築の旅
2.DIYリフォーム〜コクピットキッチン
3.未来の家作りは、江戸時代に学ぶ
4.DIYで吊戸棚
5.バルコニーの棚収納
6.シャボン玉せっけんを使ってます
7.無農薬のわらで納豆作りに挑戦
8.無農薬のもち米で餅つき
9.マイ水筒
10.石で蓄熱〜パッシブソーラー
11.落ち葉堆肥作りに挑戦
12.ツリーハウスとロハスな生活
13.きのこ狩り
14.住宅汚染
15.我が家の生き物事情
16.卵の黄身の色は餌に色素を添加
17.こんにゃく作り
18.バルコニーの無農薬野菜と緑のカーテン
19.有機無農薬栽培農場で芋掘り体験
20.頭のよい子が育つ家
21.イチョウ・銀杏にはアレルギー物質が含まれてる