コラボ企画!「無添加しっくいで、食べれそうなケーキ作り」

8月に予定している「さのまちゼミ」プレミアムデーの むてんかスタイルふくろや X パティスリーアンスリールのコラボ企画!「無添加しっくいで、食べれそうなケーキ作り」

35634723_1680102982096729_1498879784564817920_n.jpg

その前準備として、泉佐野のプロのパティシエ「パティスリー アン・スリール Patisserie Unsourire」公文さんに来て頂き、しっくいでケーキを作っていただきました。

35728729_1680113385429022_4216752913587896320_n.jpg

35861469_1680103855429975_8396967801654345728_n.jpg

さすがプロの腕は素晴らしい!早いし、美味しそう~
おまけにお家のケーキまで作ってくださいました。

IMG_9581.JPG

これって、炭化コルクと無添加しっくいとベンガラで作っているので、出来上がったら、消臭効果もあるので、家に飾っておくだけで部屋の臭いを吸い取って分解してくれますよっ。

IMG_9578.JPG

開催日はまた近日発表しますね。

ポータルサイト
http://sanomachizemi.seesaa.net
FBページ
https://www.facebook.com/sanomachizemi
Instagram
https://www.instagram.com/sanomachizemi
.
#さのまちゼミ#まちゼミ#三方よし#三方おもろい#得するまちのゼミナール#泉佐野#泉州#きれい#健康#グルメ#つくる#まなぶ#ビジネス#受講料無料#cooking#culture#コミュニケーション#japan#market#kix#izumisano#大阪#osaka#イベント#food#体験#japanfocus#地域活性化#商店街


ステンドグラスのワークショップ始まりました


「ステンドグラスの技法で作る暮らしの中の小さな雑貨のワークショップ」を開催しました。
ご参加いただいた方、誠にありがとうございました。

ステンドグラスというとカラフルで原色が多く、大きいものが多いですが、3fさんのは、シンプルでカラートーンもおちついていて、アクセサリーなどの小物です。

参加された方々は、とても前から待ち遠しくされていて、自分だけの宝物を作られたという満足感が得られたようです。
私も初めての体験でしたが、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。

IMG_8425.JPG

IMG_8422.JPG

IMG_8416.JPG

IMG_8428.JPG

ステンドグラスの技法で作る暮らしの中の小さな雑貨のワークショップ

[開催日時] 4月15日(日)
■午前の部 10:30~12:00 (限定4名)【予約満員】
■午後の部 14:00~15:30 (限定4名)【2名空き】
(制作時間はおよそ90分)

【参加費】4000円(お茶とお菓子付き)
【持ち物】 エプロン(汚れてもいい服装でご参加ください。)
【場 所】むてんかスタイルふくろやショールーム内

【内容】バッグチャームorキーホルダー、オーナメント、ブローチのいづれかを選び、お好きな色のガラスパーツをお選び頂き、選んだガラスパーツを自由に組み合わせて自分だけのオリジナル作品をお作りいただけます。

・バッグチャームやキーホルダータイプは普段使いのバッグや鍵などのアクセントに。
・吊り下げるオーナメントタイプはお部屋のインテリアに。
・ブローチタイプはお洋服やストールのワンポイントアクセサリーに。
・自分だけのオリジナル作品で暮らしの中に小さなガラスの彩りを取り入れてみてくださいね。
・選んだガラスパーツに銅テープを貼り、お好きな形に組み合わせて半田付けをします。

最後にバッグチャームorキーホルダー、オーナメント、ブローチいづれかのパーツをとりつけて完成です。(ワークショップで使用する半田は全て無鉛半田を使用します)
(半田付けは大変高温での作業になります。小さなお子様を連れてのご参加は火傷等の恐れもありますのでご遠慮ください)

28927805_1190433437754454_1589197684_o.jpg
■講師 PLOFILE

3f STAINEDGLASS WORK
mizu+ho氏

ディスプレイデザインの職を経て、独学でステンドグラスの制作を始める。
10年の子育て活動休止期間を終え2016年から活動再開。

ステンドグラスの技法を使って制作したインテリア雑貨、アクセサリー、オブジェ、サインなどを制作。
シンプルなデザイン、線と面、ガラスの色と質感の美しさを感じられる作品、
いつまでも眺めていたいと思える作品づくりに日々取り組んでいます。

参加ご希望の方は、メッセンジャーにて申込をお願い致します。

第20回泉州をリードする工芸展プラス1に出展

第20回泉州をリードする工芸展プラス1
に出展しています。

IMG_6192.JPG

11/11(土)、12(日) 10時〜19時
いこらもーる泉佐野1F特設会場

IMG_6194.JPG

陶芸、絵画、銀工芸、古布、皮工芸、布小物、和服リメイク、ビーズレザーなどあらゆるカテゴリの工芸が集まっています。

IMG_6197.JPG

大木米の新米も販売予約も承っております。

IMG_6205.JPG

犬鳴義犬伝説の犬型工芸品募集していたので、しっくいで作りました。

IMG_6198.JPG

IMG_6202.JPG

しっくいミニハウスは人気ですよ。

古アパート外壁リニューアル施工中

古アパート外壁リニューアル施工中

IMG_5243.JPG

外壁材には昔よく見た焼杉。塗装は一切していない杉板を焼いてブラシで磨いたものを使用しています。また、貼り方は一枚一枚重ねて雨が入りにくいように鎧貼りにしています。

IMG_5235.JPG

ここで、なぜ無塗装か?
焼いただけの焦げは、炭素。炭素は、ゼロカロリーなので、菌も自分の得にならないので食べません。すると、腐食しないというわけ。また塗装していないことで、万一濡れても表面全体から乾燥します。

IMG_5242.JPG

しかし、塗装してしまうと、初めは防水になりますが、やがてどこからか湿気や水が入り、中の木に浸透しますが、全体が塗装していると、湿気が表面から出られず、中から腐り始めます。

しかもこの焼杉の材料、サイディングよりはるかに安いのです。

IMG_5245.JPG


「泉州タオルでべんがら染めワークショップ」予定

アトリエ彩の実×むてんかスタイルふくろやコラボ企画
「泉州タオルでべんがら染めワークショップ」

20248191_1243273495802155_5407887401709469752.jpg

日時:9月3日(日)14:00~16:00

会場:むてんかスタイルふくろや
   泉佐野市大宮町12-6-103
090-8982-5569
   (南海本線「泉佐野」駅下車徒歩5分)
   *駐車スペースあり(狭道路4台まで)

参加費:3000円

持ち物:エプロン(または万が一染料がついてとれなくても良い服装で)、手拭き用タオル、染めたいもの1点(200gまで、新品の場合はお洗濯してきてください)

20818856_1599410503434526_8669195515806049152_o.jpg

講師:
*アトリエ彩の実・城野真由(じょうの まゆ)
大学時代より羊毛など繊維による造形や小物製作を行ってきました。4年前にべんがら染めに出会い、その深い色合いや多様な柄の魅力に惹かれ「古色の美」べんがら染めスクールにて学び、主に南大阪でワークショップ活動を行っています。

20525491_1251603968302441_3214446259837668535_n.jpg

べんがら染めは土から採れる天然由来の染料で、土の中に含まれるべんがら(酸化鉄)が主な成分です。
べんがらは古来より遺跡や土器、建物の塗りや陶器にも使われてきました。
水で染めることができて手に触れても安全で、染め液は土壌や排水溝に流しても害がなく環境に優しい染料です。
また、紫外線にも比較的強いのが特長です。

20620913_1251603938302444_2608101647440834427_n.jpg

20597122_1251603921635779_5355940999868014163_n.jpg

*むてんかスタイルふくろや
「食べることやつくることの楽しみを通じて、みんなが笑顔でいられる健康なくらし方を提案したい」を会社の理念とし、衣・食・住すべて無添加を目指しています。

前半は、ベンガラや柿渋のお話し
後半は、ワークショップ

今回は2点染めて頂きます。1枚は泉佐野・袋谷タオルさんの泉州タオルを染めます。
通常のフェイスタオルより少し幅が狭いタオルマフラータイプです。
生成地のタオルは漂白剤や蛍光増白剤など使用していない無添加タオルです。

もう1枚はお好きな素材をお持ちください。木綿、絹、麻、ウール、化学繊維など何でも大丈夫です。帆布など分厚いものは避けてください。Tシャツ、ストール、布など200gのものまででお願いします。新品の場合はお洗濯してきてください。
お手持ちがない場合は販売もします。(手拭い、エコバッグ、ストールなど)

ご予約:限定8名まで(先着順)

★参加ボタンを押すだけでなく下記のどちらかまでご予約をお願いします。

・むてんかスタイルふくろや 袋谷幸宏までメッセージ 又はTEL 090-8982-5569

または

・アトリエ彩の実 城野までメッセージ、またはメールmayucoque@mail.goo.ne.jp

できた看板に名入れ作業です

できた看板に名入れ作業です。

IMG_3180b.JPG

まず、用紙に印刷して、ラミネートフィルムを上から貼り、にカッターで切り取りしていって、その上からアクリル絵具でなぞっていきます。

IMG_3165b.JPG

なかなかカッターで切り取りする作業が時間かかりました。ふぅ〜〜.

IMG_3174b.JPG

土の彩り~べんがら染めワークショップに参加してきました

土の彩り~べんがら染めワークショップに参加してきました。

IMG_2765.JPG

IMG_2766b.JPG

ベンガラはむてんかスタイルふくろやでも塗料として使うもので、鉄さびからできています。主に黒や赤が多いのですが、青色が無いので、藍をミックスさせます。

IMG_2747b.JPG

講師である城野 真由 (Mayu Jono)さんは地元貝塚市でアトリエ彩の実でベンガラ染めやウールの手しごとをされているアート作家さんです。

ベンガラに染める素材として、手ぬぐいともう1つ持参しても良いとのことで、泉州タオルの生成り無添加タオルを持っていき、染めることにしました。

IMG_2751b.JPG

デザインは人それぞれによって様々な表情がでるので、完成形は想像できません。初めに布にゴムをまいたり、いろんな形をした木の板をプレスしたりして、染まらないところを固定して、その後染め上げていきます。

IMG_2743.JPG

染めた後は、外していく時のドキドキ感やワクワク感がたまりません。まったく想像もしなかったデザインが浮き出てきました。

早速、ショールームの壁に少し落ち着いたタペストリーを、ワイルドなものには、鹿の角とコラボさせてみました。なかなかしっくりきますよ。

IMG_2749b.JPG

今後、泉州タオルとベンガラ染めのコラボを進めていきたいなと思います。次回はワークショップをうちのショールームで開催してみようかと思います。是非、ご参加くださいね。

IMG_2745b.JPG

あと、今回の場所を提供していただいたAWAI CAFEさんは、2年ほど前にオープンして、古民家をうまくリノベーションされ、とても居心地良い空間になっています。ランチもやっていますよっ。

IMG_2758b.JPG

IMG_2757b.JPG

IMG_2764.JPG

IMG_2763b.JPG

IMG_2760b.JPG

#ベンガラ染め #ワークショップ #泉州タオル

無添加な住まいのお手入れ教室、開催しました

今日はお手入れのお話の途中に健康の話や化粧品の話が盛り上がり、時間オーバーしてしまいました。


参加されたお客様の生活ぶりを少しお話しして頂くと、質問攻めで、講師入れ替わりしようかと(笑)

シャンプーのトリートメントに椿油、化粧水はアメリカの・・・、デトックスは・・・、毛染めはヘナの・・・という感じです。


IMG_20170611_120849b.JPG


IMG_20170611_115552b.JPG


IMG_20170611_112058b.JPG

ショールーム入口にショップPRコーナーを作りました

ショールーム入口にナラの辺材をカットし、ショップPRコーナーを作りました。


各ショップカードの大きさが異なるので悩むところですが・・・(笑) 掲載希望の方は持ってきて下さいね。 
半年以上前にアルブル木工教室さんで買ったナラの辺材がようやく棚板になりました。なかなか漆喰に合いますよ

ー 無添加手作り石けん専門店 Orang ke Orang オラン・ク・オラン泉佐野市 縁里庵 かつもと鍼灸院野菜ソムリエのいる心と体にやさしいカフェ Flour bee*『ねごらんど』蔵のカフェむくのき泉州庵Tiny's cafeふくろやタオル 袋谷タオル合資会社泉州特産水なす漬け本舗 マコト商店安全なお米・自然食品【根っこや】チポリーナ/cipollinai、
@株式会社無添加住宅と一緒


IMG_2694.JPG


18954770_1516722615036649_6828015334098890139_o.jpg


IMG_2689.JPG


IMG_2693b.JPG

ワークショップ「風船deしっくいポット作り」募集!

無添加住宅の日、記念イベントとして、ワークショップ「風船deしっくいポット作り」を行います。
風船を膨らませ、その周りにしっくいを塗っていくいたって簡単な作業ですが、乾くととても見事なポットになります。通常の植木鉢でも構いません。
自宅でたくさん作りたい方は持ち帰り用漆喰も販売いたします。

風船de漆喰ポット作り.jpg

6/11(日) 14:00~16:00
場所:むてんかスタイルふくろや本社ショールーム
参加費:500円(1人3つまで)
要予約 限定10名

■参加ご希望の方は、3つの方法があります。
・ここの【参加】ボタンを押し、メッセージで氏名・住所・電話番号を送信して下さい
・電話で連絡する090-8982-5569
・ホームページから問合せフォームより申込む
 http://mutenkastyle.jp/wants/toiawase.html


風船de漆喰ポット作り-1.jpg

無添加な住まいのお手入れ教室 (要予約 限定6名)

自然素材では、お手入れが大変と思っている方が多いようですが、意外と簡単。
漆喰や無垢材のキズや汚れ、お酢と重曹、無添加石けん、無添加ワックスを使った体感型の教室です。
皆さんも一緒に実践してみませんか?

お手入れ教室チラシ-20170611.jpg


6/11(日) 10:30~12:00
場所:むてんかスタイルふくろや本社ショールーム
無料 (要予約 限定6名)
参加者には、オリジナルキーホルダープレゼント!


■参加ご希望の方は、3つの方法があります。
・ここの【参加】ボタンを押し、メッセージで氏名・住所・電話番号を送信して下さい
・電話で連絡する090-8982-5569
・ホームページから問合せフォームより申込む
 http://mutenkastyle.jp/wants/toiawase.html

プレハブ小屋を仮設店舗にDIYリメイク・・・その3

プレハブ小屋を仮設店舗にDIYリメイク・・・その3
阪南市の完全無農薬農家『ねごらんど』さんにて

今回は、無添加塗装。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外
プレハブ小屋の外壁に貼った板にベンガラを塗ります。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内

画像に含まれている可能性があるもの:室内
室内の床板にもベンガラを塗ります。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物、室内

画像に含まれている可能性があるもの:飲み物、食べ物
ベンガラには、豆乳と焼酎を混ぜています。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外
ワックスと撥水がわりにエゴマ油を木の表面に塗ります。

自動代替テキストはありません。
外壁モコエの上にはシックイバリアという漆喰強化剤を塗ります。これは、樹脂ではないので、膜を張るのではなく、石灰成分と化学反応を起こさせ、簡単に言うと、表面をガラスに近い成分に変化させています。
照明器具を取り付けて、これでほぼ完成です。

画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、屋外

仮設店舗として短期間で使用するため、DIYでプレハブ小屋をリメイクして、しかもできるだけ無添加な素材を使用し、とても安価に仕上がりました。
#ねごらんど #DIYリメイク #しっくい壁 #小屋
※一部合板を使用しています

プレハブ小屋を仮設店舗にDIYリメイク・・・その2

プレハブ小屋を仮設店舗にDIYリメイク・・・その2

阪南市の完全無農薬農家『ねごらんど』さんにて
今回は、無添加漆喰塗り。

プレハブ小屋の外壁、炭化コルクの上に外壁専用漆喰の「MOCOE」を塗り、室内は天井と内壁とも無添加しっくいを塗りました。
あとは、参加者みんなで塗りたくりました。外壁のMOCOEは柿渋とサラダ油を混ぜてますので、ピンク色ですが、日が経つにつれ、真っ白になります。

左官屋さん1人と素人5人がかりで1日で完了。
※尚、仮設で簡易なため少々工程を省略しています


#ねごらんど #DIYリメイク #しっくい壁 #小屋


nego01c489f9d9284126d8b907fab93fa343210a34f58a.jpg

nego017b79c47fe549e20dc7cc0fea79d320fd45a6f233.jpg

nego01734da49aa127086afa88385ddc80976aed95c836.jpg

nego01194a20095e3905bd4f39925cf4dab4cfabfbcdac.jpg

nego01e2bc84ae0f6872fbe49b6bc969d943ae78ddd7d8.jpg

nego01a4ab550d7e201c804c21af0380ec50fd34fb29d0.jpg

左官屋さんにしっくいを練ってもらい、天井は難しいので塗ってもらうことに。


nego0107fdf4eafd998e6885898be4bf480be643cae6e6.jpg

家主自ら余ったしっくいで築100年以上の旧家の漆喰補修をされてました。


nego012a1d237a3c569d946573ff86995366efefb9c304.jpg


プレハブ小屋を仮設店舗にDIYリメイク・・・その1

プレハブ小屋を仮設店舗にDIYリメイク・・・その1
阪南市の完全無農薬農家『ねごらんど』さんにて

仮設店舗ということで、今回は簡易な工事にしました。
プレハブ小屋の外壁には、炭化コルクを貼り、その上に次回漆喰を塗ります。外壁の部分的にパインフローリングをよろい貼りし、後でベンガラ塗装します。
室内は壁と天井には原状のベニヤ板に直接石膏ボードを貼り、次回漆喰を塗ります。床は構造用合板を貼り、ベンガラ塗装します。
下地は大工さんと素人3人がかりで1日で完了。
#ねごらんど #DIYリメイク #しっくい壁 #小屋

nego014887b419687dcbccda79ade961a7e1038e490efe.jpg

nego01cf3f4fda9b257ce9fd6829e023f49b5f9bf68997.jpg

nego01ec7ee089e95ed7f150a7e683fae5f052bbcfa9cd.jpg

nego01e7fe4fe3dc55260c8fb22e3da46c768c13fd881a.jpg



貝紫染め

海の博物館で珍しい体験をしました。

自動代替テキストはありません。
貝紫とは、アッキガイ科の巻貝の鰓下腺(パープル腺)からプルプラという分泌液を化学反応させて染色に用いたことに由来します。分泌液を取り出して日光(紫外線)に当てると、黄色から紫に変色します。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、屋外
巻貝をハンマーで少し割って、黄色い液を爪楊枝で抽出します。ほんの少ししか採れません。

自動代替テキストはありません。

それを綿布に型紙をあてて、硬い筆で黄色い液をすり込みます。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
ちなみにこの型紙は、伊勢型紙といって、柿渋で染められています。

自動代替テキストはありません。
それを日光に5~10分当てると、どんどん黄色~緑~紫へと変色していきます。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

できあがりは、とても貝の生臭いにおいがしていますが、ぬるま湯でさっと振り洗いすると、とれます。

自動代替テキストはありません。

ちなみに貝紫は帝王色といって、3600年前に地中海沿岸でフェニキア人が行っていました。その後、ギリシャ・ローマ時代へと受け継がれ、皇帝などの高貴な人々だけに着用が許される皇帝紫と呼ばれる存在になりました。

伊勢地域では、海女さんがつける魔除けの印「セーマン☆・ドーマン#」もこの貝紫で染められていました。
#貝紫染め