皆様、応援お願いいたします。   
人気ブログランキングに参加中にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ投票ボタン
投票していただける方はボタン押してね。ありがとうございました。

2017年06月06日

オーナー様お宅訪問会 (要予約 限定6名)募集

実際の無添加住宅に住んでいるオーナー様の生の声をお客様の耳で直接聞いてみて下さい。

今回のお宅はお風呂のユニットバスを除き、フルの無添加住宅です。室内の空気感や匂いなど五感で感じ取ってみて下さい。

オーナー様宅訪問会.jpg
天井も吹抜けがあり、子供は4人いるので、最小限にしていますが、前室には子供たち共有のスペース(図書コーナー)があったり、家族全員の衣服を収納して着替えることができるオールインクローゼットもあります。
また、ペットも飼われていますが、無添加しっくいの空間では臭いがつきにくいということも確認できるかと思います。


6/18(日) 13:30〜15:00
参加費:無料
場所:和歌山市内
13:30 現地集合となります。(ご予約いただいた方には詳細住所をお伝えします)
途中、座談会も予定しており、お気軽にオーナー様へ質問していただけるお時間もご用意しています。
・参加者全員にオリジナルキーホルダープレゼント!

■参加ご希望の方は、3つの方法があります。
・ここの【参加】ボタンを押し、メッセージで氏名・住所・電話番号を送信して下さい
・電話で連絡する090-8982-5569
・ホームページから問合せフォームより申込む
 http://mutenkastyle.jp/wants/toiawase.html

※無添加住宅リノベーションの建物です。

オーナー様お宅訪問会-1b.jpg

posted by 袋谷 at 19:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

三重県にある「海の博物館」へ行ってきました

三重県にある「海の博物館」へ行ってきました・・・建築の設計は内藤廣氏。
画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:空、家、木、屋外
ここへは3度目ですが、いつ来ても良いなと思います。海の文化がたくさん学べるし、楽しめます。
画像に含まれている可能性があるもの:植物
画像に含まれている可能性があるもの:屋外、水
全国の木造船がズラリと並んでいるのは圧巻。
画像に含まれている可能性があるもの:室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、屋外、室内
ここでも海女さんのことが多く語られています。
画像に含まれている可能性があるもの:海、空、雲、屋外、水、自然
体験できたこととしては、櫓(ろ)こぎをさせてもらい、櫓と櫂のちがいを教えてもらいました。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内

体験ワークショップとしては貝紫染めが珍しい。
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
画像に含まれている可能性があるもの:室内
画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外、自然
posted by 袋谷 at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

ラ・コリーナ近江八幡・・・設計は藤森照信氏

ラ・コリーナ近江八幡・・・設計は藤森照信氏
たねや&クラブハリエグループの旗艦店で、甲子園3個分の敷地にたくさんの建物が計画されていて、今年の6月下旬頃にはほぼ全体の建物が完成するようです。

屋根は藤森さんお馴染みの草屋根、壁は土壁と漆喰。

画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、空、屋外
自動代替テキストはありません。

このインテリアは、なかなかのセンスです。たねやの和菓子の型をとるもので、様々な彫刻がなされています。
画像に含まれている可能性があるもの:室内

窓から眺める風景はとてもホッとさせてくれます。あえて窓の周囲の額縁は必要ないですね。
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
画像に含まれている可能性があるもの:木、山、屋外
外灯の支柱は焼杉で覆われています。
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
画像に含まれている可能性があるもの:室内
トイレの中の扉などは米松の粗い仕上げが周囲に馴染んでます。
画像に含まれている可能性があるもの:室内
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
タグ:グルメ 建築
posted by 袋谷 at 22:41| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

江戸東京たてもの園 〜収蔵建造物のくらしと建築

江戸東京たてもの園 〜収蔵建造物のくらしと建築

先日、関東に行った際に東京の小金井にあります「江戸東京たてもの園」へ行ってきました。無添加住宅では、「未来の家づくりは江戸時代に学ぶ」という本を発行していますので、江戸時代の建物と何かかかわりが無いものかと思い、この江戸東京たてもの園へ行くことにしました。
昨年の1月に江戸東京博物館へ行きましたが、その分館として平成5年に建てられました。
綱島家(農家)
このかやぶき屋根の民家は、江戸時代中期(1700年代前半)に建てられ、その後代々に受け継がれ、10代目まで住まれていた。平面は、板敷きのヒロマの西側に南北の続き間をもつ構成です。
建物全体が土壁がまわった閉鎖的なつくりで、軒の高さも低く抑えられている。
囲炉裏でいぶされた煙が屋根裏まで達し、梁や天井などの木部に付着して、外部から侵入する虫の侵入を防止したり、構造体の強度をアップし、耐久性も上げるということにもつながる。
また、土壁で覆われているため、外壁自体が呼吸できるため、現代の高気密住宅のように壁の中が結露したりして、耐久性が落ちるというようなこともない。しかし、江戸時代に建てられたとても長く使われた家でも現代の新建材でリフォームしてしまうと、壁の中が劣化し、耐久性が落ちることも皆は気づいているのだろうか・・・。
日本を代表する建築家、前川國男氏(1905〜86)の自邸です。
この建物は、戦時中の1942年に建てられました。
前川國男氏は、パリでル・コルビジェに師事し、帰国後、レーモンド建築設計事務所に勤務の後、前川國男建築事務所を設立、東京文化会館、東京都美術館等の公共建築物を主に設計しています。
あの丹下健三氏は前川事務所に働いていたとのことです。
居間に入るドアは90度回転できる戸袋を採用するなど、ディテールも見どころいっぱいです。 南側に全面吹き抜けで、下から上まで採光が入ってくるので、冬はとても暖かくいられます。この間取りは難波和彦氏の箱の家シリーズをも思い浮かべました。
小出邸
1925年(大正14年)に建てられました。
設計は堀口捨巳氏によるもので、日本最初の近代建築運動である「分離派建築会」を結成された。
建物のところどころに見られる水平線と垂直線、そして色彩による空間構成にはオランダで学んだ技法の影響を強く感じ取れる。
常盤台写真場は現在の板橋区に1937年(昭和12年)に建てられた写真館です。スラントという自然採光のしくみをもっており、照明設備の発達していない時期の特徴をよく表している。
ここは子供部屋で、机と椅子が並んでいる。 撮影室
この時代にはサッシの水切りが採用されており、銅板を加工して作られている。塗り壁の際のサッシ用水切りの原点ともいえる。
窓の金物には、真鍮製が使用されていた。 建物のデザインは昭和初期のモダニズムデザインで、最近では、このようなデザインを模したカフェなども多く現れてきている。
高橋是清邸
2.26事件で、高橋是清氏が暗殺された場所でもある。
この建物は、港区赤坂に1902年(明治35年)に建てられた。総栂普請の和風住宅で、格子は耐震目的でごく最近作られたもの。

●江戸東京たてもの園
http://tatemonoen.jp/index.html
〒184-0005 東京都小金井市桜町3-7-1(都立小金井公園内)

4月〜9月:午前9時30分〜午後5時30分
10月〜3月:午前9時30分〜午後4時30分 ※入館は閉館の30分前まで
休館: 毎週月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合は、その翌日)
年末年始(12月28日〜1月4日) ※平成23〜24年の年末年始の休園日は 12月26日〜1月4日

Tel.042-388-3300(代表)
■当園最寄駅はJR中央線「武蔵小金井」駅か、「東小金井」駅、または西武新宿線「花小金井」駅です。最寄駅からはバスをご利用ください。

自然素材の材料選び応援隊

posted by 袋谷 at 23:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

風の丘葬斎場(大分)

風の丘葬斎場(大分)
        皆様、応援お願いいたします。      
人気ブログランキングに参加しています。→ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ ←投票ボタン
投票していただける方はボタン押してね。ありがとうございました。
大分県中津市郊外に広大な公園があり、その一角にあります。緑の芝にレンガ積みされた六角形の塊とコールテン鋼の壁がつきささったかのようなデザインで、自然に溶け込んでいる。
車寄せには大きなコンクリートの庇があり、回廊には外がほのかに垣間見え、また光がそそぐガラスのスリット。
火葬棟は、薄く水を張った一辺10.8mの正方形の中庭がある。
コンクリートは木目が出るように壁、天井とも小幅板型枠の打放しコンクリートで仕上げられている。



■■ 風の丘葬斎場(大分)
KAZENO OKA SOUSAIJYOU
設計 槇文彦 / 槇総合計画事務所
受賞 1998年建築業協会賞(BCS賞)、1998年村野藤吾賞
2002年公共建築賞優秀賞
2003年グッドデザイン賞金賞(ランドスケープデザインに対して)
HP http://www.maki-and-associates.co.jp/
訪問日 1998.5

DATA
住所 〒871-0022大分県中津市大字相原3032-16
用途 火葬場、葬斎場
敷地面積 3万3316.85u
建築面積 2,514.50u
延べ面積 2,259.88u
構造・規模 鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
施工 飛島建設
竣工 1996年7月
地図 グーグルマップ
関連HP 風の丘葬斎場 公式サイト
利用ガイド

自然素材の材料選び応援隊

posted by 袋谷 at 00:40| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
  1.無添加住宅正規代理店訪問
2.無添加住宅施工現場中継
3.無添加住宅漆喰でシーサー作りに挑戦
4.豚・鳥インフルエンザには無添加住宅しっくい
5.無添加住宅 of ロハスフェスタ
6.毎日放送「住人十色」で放映されました
7.人工大理石の燃焼実験
8.無添加住宅漆喰のバーナー燃焼実験
9.「漆喰復活」
10.漆喰だんごの作り方
12.米のりはお米から作ります
13.しっくいでシックカー対策!!
14.化学物質過敏症(CS)患者さんのためのリフォーム
15.無添加住宅の有料老人ホーム
16.アレルギー人生は2才までに決まる
17.グルーミングルーム
18.LOHAS(ロハス)な無添加住宅
19.寝室が危ない
20.インドネシアの珪化木
21.結露は意外なところに起こっている
1.全国の建築の旅
2.DIYリフォーム〜コクピットキッチン
3.未来の家作りは、江戸時代に学ぶ
4.DIYで吊戸棚
5.バルコニーの棚収納
6.シャボン玉せっけんを使ってます
7.無農薬のわらで納豆作りに挑戦
8.無農薬のもち米で餅つき
9.マイ水筒
10.石で蓄熱〜パッシブソーラー
11.落ち葉堆肥作りに挑戦
12.ツリーハウスとロハスな生活
13.きのこ狩り
14.住宅汚染
15.我が家の生き物事情
16.卵の黄身の色は餌に色素を添加
17.こんにゃく作り
18.バルコニーの無農薬野菜と緑のカーテン
19.有機無農薬栽培農場で芋掘り体験
20.頭のよい子が育つ家
21.イチョウ・銀杏にはアレルギー物質が含まれてる