冬休みに読みたいエコ本

めざせロハスでオーガニックな無添加な家
冬休みに読みたいエコ本
今年もあとわずかとなりました。師走の忙しい時期を乗り越え、大掃除を済ませたら、正月ムードの中のんびりと休みたいところです。しかし、せっかく時間があるのなら、寝転んで本など読んでみるのも、知的好奇心を刺激されて良いでしょう。またその本が今話題のエコや環境問題についての本ならば、知識や教養を蓄えられ、今後様々な場面で役立ってくれるはず。普段時間のゆとりが無い方にはこういうときに読んでいただければと思います。
        皆様、応援お願いいたします。      
人気ブログランキングに参加しています。→ ブログ・ランキングに参加中 ←投票ボタン
投票していただける方はボタン押してね。ありがとうございました。

●今回は、冬休みにじっくり読みたいオススメのエコ本を10冊+1紹介します。真面目な解説書から、図版集、写真集、マンガにいたるまで、幅広いラインナップで取り揃えました。例えば小さな身の回りのことからできるエコの具体例を知りたければ、エコ先進国のスウェーデン人夫妻が実践する『うちエコ入門』を、美しい風景に心癒されたいなら北極圏の人や風景、動物を撮った写真集『POLAR』を、堅苦しい解説が苦手な人は、『地球温暖化サバイバルハンドブック』やマンガ『SEED』を…という具合に、それぞれ好みの本を見つけていただければと思います。
■冬休みにじっくり読みたい面白くてためになるオススメのエコ本
『気候変動+2℃』 『アースダイバー』
『地球温暖化サバイバルハンドブック』 『エコシフト』
『温暖化の世界地図』 『木 なまえ・かたち・たくみ』
『うちエコ入門』 『環境問題はなぜウソがまかり通るのか2』
『不都合な真実 ECO入門編』 『POLAR』
『SEED』

自然素材の材料選び応援隊

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック