■花粉にPM2.5や排気ガスが静電気で付着

そろそろ花粉症の季節がやってきました。
無添加住宅を建てられたお客様に聞いたのですが、ぜんそくやほこり、ダニアレルギーの症状がほとんど無くなったとわかりました。でも、無添加住宅では、ほこりもありますし、ダニも発生します。なのにそれが原因では無いとすると、一般住宅との違いは、ほこりやダニの死骸が風で舞い上がって空気との摩擦で静電気を帯びて、室内の化学物質が吸着されて、それを吸い込んでいるからということがわかります。
 
また、花粉も室内のほこりやダニの死骸と同じく、山から飛んできて、都市の中に入ると、花粉同士が空気中でこすれ合って、空気との摩擦で静電気を帯びて、PM2.5や排気ガスなどの化学物質が付着し、皆さんの肺に入り込んでいるのです。
 
また、アレルギーの仕組みを簡単に言うと、体に備わっている自分以外の物質を排除しようとする免疫システムの異常反応のことで、元々体の表面にある善玉菌が外敵をやっつけてくれるのですが、それが少なくなると体に良いものが来ても間違って攻撃してしまい、それが皮膚に赤い湿疹となってしまうことと言われています。

28577224_1844541952254712_7048935430845802551_n.jpg

この記事へのコメント