あぐりの家見学会+森下建築総研個展

めざせロハスでオーガニックな無添加な家
あぐりの家見学会+森下建築総研個展

無添加住宅商品化プログラムも会を重ね、第5回となりました。その第5回の一日目のプログラムであります「あぐりの家」(兵庫県篠山市)を見学しました。この家は、設計が(株)森下建築総研様、施工が(株)無添加住宅です。森下修氏と無添加住宅のコラボレーションであります。素材は無添加なものを極力使い、デザインとパッシブソーラーを駆使した作品です。
また、この設計をしていただいた森下修氏の個展が大阪市北区の旧水道局のビルで開催され、参加してきました。
周囲は丹波篠山の田園風景です。 玄関に入ると階段の下が飾棚になっています。
基礎と床の石との間に空気層を設け、冬は暖かい空気を、夏は冷たい空気を送り込み、直接エアコンの空気があたらない輻射式の床冷暖房になっています。 木製の引き戸ではよく開閉が困難になってしまいがちですが、突出し窓の方式で解消します。
ロフトの様子 天井と屋根との間の空気もこの屋根裏換気口から出入りします。
床は、無添加住宅で屋根に使用するクールーフ(玄昌石)を使用しています。これは、遠赤外線が出て、岩盤浴効果も期待できます。 天井にはなんと炭化コルク仕上げ。炭化コルクを柿渋漬けにし、粉が落ちないように工夫されています。

株式会社森下建築総研/一級建築士事務所

http://www17.ocn.ne.jp/~mk_soken/

〒540-0037大阪市中央区内平野町1-4-1-301
TEL/06-4794-1470 FAX/06-4794-1471

森下修氏・(株)森下建築総研個展

自然素材の材料選び応援隊

この記事へのコメント

  • サカエプラス長谷川

    ご無沙汰しています。素敵な田舎暮らしができそうな建物ですね。それにしても天井炭化コルク仕上げですか~!凄いですね!柿渋に付けると粉落ちないんですか?ちなみに天井に炭化コルクは何でとめるんですか?
    2009年11月01日 09:26

この記事へのトラックバック