沖縄シーサーとグルメの旅3日目

りんくうLINES管理人gufoの日記
2009年7月20日~4日間、に行ってまいりました。3日目は瀬底島~ビオスの丘~勝連城跡~那覇泊。
この日は皆既日食の日でした。朝の11時頃になると辺りは薄暗くなりました。黒いガラスを通して見てみると、もう90%以上隠れていました。が、実際は少し雨が降りそうな日程度の明るさで、想像ではもっと暗くなるのではと思っていましたが、意外や意外。
瀬底島
本部半島と瀬底大橋でつながっている瀬底島。ここは、いいビーチがあるにも関わらず、計画途中のホテルが建設中断しており、駐車場からビーチまで遠いのです。結構、島の手前のアンチ浜ビーチで泳いでいる人が多かったようです。この日は島内をドライブするだけとしました。
ビオスの丘  http://www.bios-hill.co.jp/
所在地・連絡先 〒904-1114  沖縄県うるま市石川嘉手苅961-30
TEL.098-965-3400 FAX.098-965-1935
ここは前回沖縄に来た時も立ち寄ったところで、特に印象が高かったので、再来場しました。1日目に行った東南植物楽園と違い、なぜか思ったよりも暑くなく、長い時間滞在できました。ヤンバルの森を再現しているので、ジャングルのようです。
リーズナブル度
オススメ度
エ  コ  度
ヒカゲヘゴ
日本では最大のシダ植物で、高さが5~6m、最大で10mになります。幹には楕円形の模様が多く、蛇のような柄をしているが、これはヒカゲヘゴの成長に伴って葉柄が枯れて落ちた跡です。新芽は先端に伸び、葉がゼンマイのような形状となった後に開いて成熟します。
ゴミ箱は景観を重視してか、芝で覆われています。
大龍池(うふたちぐむい)を、湖水観賞舟にて約1kmの航路を25分にて、運航します。これはオススメ。ガイドさんが丁寧に説明してくれます。
広大な芝生の広場では、豚や山羊などの家畜が放たれていて、自由に触れ合うことができます。
施設の屋根には屋上緑化を多く施されています。 豚を散歩させることもできます。
沖縄タコス屋 おきなわ本店
沖縄県国頭郡恩納村字前兼久923-1
TEL098-964-6077
このお店はガイドブックに載っていたタコス専門店です。店内はそう広くもありませんが、愛想のいいお兄さんとお姉さんお二人でされています。なかなかこのタコスはおいしいですよ。
勝連城跡  http://www3.ocn.ne.jp/~ktm/
所在地・連絡先 〒904-2200  沖縄県うるま市 勝連南風原 3908
勝連城跡休憩所
TEL:098-978-7373

リーズナブル度
オススメ度
エ  コ  度
琉球王国時代に最後まで抵抗した有力按司阿麻和利(あまわり)が住んだ城です。城は四方に眺望のきく小高い丘を利用して作られ、最高所の一の郭に上ると沖縄本島の東海岸が見渡せる景勝地になっています。

2000年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されました。
城郭は石灰岩で作られています。
海援隊沖縄/パルコ店
沖縄県那覇市久茂地3丁目3-1-B1F
098-864-1833

ここで最終まだ沖縄料理で食べていないものを食べることにしました。
石垣牛の焼き肉。テビチー。アグー豚の冷しゃぶ。
沖縄県のホテル・旅館はこちらからどうぞ

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック