横浜U邸建物完成

めざせロハスでオーガニックな無添加な家
横浜U邸建物完成

無添加住宅横浜モデルハウスのあるところから、市営地下鉄で1つの駅隣のあざみ野にある住宅です。無添加住宅の外断熱エコ工法を基にしたもので、この日はようやく建物が完成しました。
あとは外構工事を残すのみとなりました。

        皆様、応援お願いいたします。      
人気ブログランキングに参加しています。→ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ ←投票ボタン
投票していただける方はボタン押してね。ありがとうございました。
外観は真ん中にコーラルストーンラフを配し、屋根を薄く見せるために破風板はつけていません。軒裏もこげ茶色にすることで、屋根が一体となったデザインになっています。 玄関ドアは杉の90角の柱を10本束ねたものに柿渋を塗り、アイアンの手摺や面格子などを多用しています。
外構工事では割れたタイルなどを大事にとっておいたものをランダムに貼っています。 テレビを置く家具をシンゴン集成材で作りました。バックにはコーラルストーンフラットで、間接照明をあてました。
キッチンは天板に御影石のブルーパールをのせ、同じくキャビネットはシンゴン集成材に柿渋塗装。シンクはコーラ社のホーロー製。 キッチンの背面はシンゴン集成材の食器棚。キャビネットの扉にはすべてバタンと閉まるのではなく、スローでゆっくり閉まるスライド丁番用ダンパーを取り付けています。
これは、ご主人がたばこを吸っても大丈夫なようにタバコフードを取り付けました。 タバコフードの内側は炭化コルクを露出させ、換気扇で煙を強制的に排出します。
トイレは少し広めの1坪タイプ。手洗いには洗面所と思わせるくらいの設備があります。 トイレの壁にはトイレットペーパーを3つ常備できる穴があけてあります。これは、壁紙では難しく、漆喰でしかできない技ですね。
浴室は2階にあるため、ステンレス防水を施してあります。仕上げは土間に御影石、壁にはコーラルストーンフラット、浴槽は無添加住宅オリジナルのホーロー製バスタブ。 こちらは2階の寝室。天井は張らず、勾配天井にし、大空間を演出しています。また、照明は勾配天井には取り付けず、壁にブラケット照明をつけています。この照明、実はザルを使って、上から漆喰を塗っているんです。



自然素材の材料選び応援隊

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック