無農薬のもち米で餅つき

めざせロハスでオーガニックな無添加な家
無農薬のもち米で餅つき

我が家では毎週、無農薬有機栽培の野菜を宅配してもらっています。実は私の高校の時の同級生が精魂こめて作り上げています。場所は大阪府阪南市にある「ねごらんど」さん。今日は毎年恒例の餅つきに行ってきました。普段は野菜を宅配してもらい、食べていますが、今回は無農薬で育てたもち米でお餅つきを体験させてもらいました。
        皆様、応援お願いいたします。      
人気ブログランキングに参加しています。→ ブログ・ランキングに参加中 ←投票ボタン
投票していただける方はボタン押してね。ありがとうございました。
このお家は築100年以上にもなる旧家で、昔貯蔵米に使用されていた蔵や牛を飼育していた長屋門などがあります。 この日はなんと30臼!!次から次と蒸されてて来ます。
米を蒸すのも昔ながらの薪をくべています。 私も挑戦しました。以前したことはあったのですが、なかなか最初はペースがつかめません。大事なのは、お餅の面倒をみてくれる方の相手の人のすぐ横に立ってつくと良いそうです。
ここの臼は石臼なんですが、台と臼とが石で一体になっていること。石のほかには木の臼がありますが、あれはクスノキからできています。 ここに来ている人の中に、全く完全天然酵母でしか使用しないパン作りをされている方がおられました。店中の壁や天井に天然酵母が棲みついているそうです。エピソードとしては、ヨーグルトや乳酸菌の種類によっては店に棲みついている天然酵母がやられてしまい、10日間営業停止してしまうということもあったとか。酒造りの杜氏も麹菌が侵されるため、朝は納豆を食べないそうです。
大きいお餅を小さく細切れにする機械がありました。機械といってもハンドルをくるくる回すだけ。これは熱くないし、便利ですね。 この後、実家に帰ると電気式の餅つき機でついていました。
自然素材の材料選び応援隊


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック