O歯科+O邸 造作キャビネット工事

めざせロハスでオーガニックな無添加な家
O歯科+O邸 造作キャビネット工事
歯科診療所と住宅が併設されており、無添加住宅の外断熱エコ工法を基にしたもので、建築ができるまでの様子を随時ご照会していきたいと思います。
        皆様、応援お願いいたします。      
人気ブログランキングに参加しています。→ ブログ・ランキングに参加中 ←投票ボタン
投票していただける方はボタン押してね。ありがとうございました。

2階には本をたくさん収納する書庫があります。無添加住宅では使用する木は集成材を使います。普通一般的にはこの木と木を張り合わすのに接着剤を使用しますが、無添加住宅では米のりで接着します。 キッチンのキャビネットを組み立てしました。材質はシンゴンというマメ科の植物。化学物質過敏症の方にもこのシンゴンという木は大丈夫という方が多いです。
消毒室のカウンターは米のりで接着した集成材にケイカル板を貼り、最後にタイルを貼ります。
診療所の手洗いカウンターです。ホーローの洗面ボールに天板はケイカル板の上にタイル貼りです。シリコン接着で貼り付けています。 待合室の受付のカウンターです。オープンなカウンターになっていて、上の段は健常者が立って、下の段は車椅子の人の高さに合わせています。材質は米のりで接着したIN松集成材です。
外観の夜景です。アール部分にはダウンライトを等間隔に配置しました。 室内の吹き抜け部分には、壁にアッパーライトを使用し、漆喰の壁をとても幻想的に映し出します。

自然素材の材料選び応援隊

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック