車の内装に無添加しっくいを塗ってみたら、こんなメリットが!

車の内装に無添加しっくいを塗ってみたら、こんなメリットが!
Snapshot_4.jpg
https://youtu.be/4m5oVCM1Djw
 
■車の内装に塗るとこんなメリットがあります。
■特に中古車に最適です。
■室内が明るくなり、快適になります。
■4年前にも車の内装にしっくいを塗った様子
 http://coyajoshi.com/article/5943/
 

漆喰は建物に塗るものと、思い込んでいませんか?
漆喰の性能と成分を考えると、建物だけに留めるのはもったい無いですよね。ところが昔から伝統的に受け継がれてきたものは、どうしても、これはこうで無いといけないと決めつけてしまいがちです。こうなってしまうと、せっかく良いものも若い世代に受け入れがたいものになり、やがて衰退してしまいます。
今回はこういう考え方もあるのか?という発想でやってみました。

漆喰の性能としては、調湿性があり、耐火性、遮熱性、空気の浄化作用があります。また、成分も石灰石と海藻ノリ、スサと無添加なので安全ですよね。そうなると、人がいる空間として、家の他に車や電車、船などの乗り物、洞窟、トンネル、地下鉄の駅などにも使えるのでは?でも、割れてくるのでは?とか汚れやすいのでは?といった不安もありますが、今回使用する漆喰は、割れにくい無添加の漆喰で塗ります。

初夏にエアコンをつけると、カビの臭いがしますが、漆喰を車に塗ると、善玉菌が棲みついて、あまりカビの臭いがしなくなります。

車内の塗れるところは、フェルトの部分にしたので、ほぼ天井のみとなります。初めは左官ゴテで塗り始めましたが、うまく塗れず、結局ゴム手袋をはめて塗りました。フェルトに擦り込むように塗ると、剥がれにくいでしょう。

塗り終わると、湿気がとても多いので、窓を少し空けておくと良いです。

数日後、乾燥して硬くなって、車内はより白く明るくなりました。空気もなんだか澄んでいるような感じがします。

ただし、中古車で売却できなくなるかもしれないので、ご注意を・・・


ここでは、無添加な建築素材、無添加な食材、無添加なくらし方にちなんだもので、昔からの知恵や様々な科学的知識を交えて、より生活に近い視点で紹介していきたいと思います。


【自然素材の使い方を学ぼう~衣食住健康のために】
 
#リノベーション #インテリア #車の内装 #自然素材 #無添加住宅 #しっくい #リフォーム #工務店 #漆喰