無添加住宅バンドール2000 逆スラブ基礎・断熱

無添加住宅バンドール2000 逆スラブ基礎・断熱
IMG_9720.JPG
通常は基礎の立上りの腰壁があるのですが、この基礎はそれが無い分、全体的に地面より上に上がっています。

しかし、柱や壁のくる位置には、基礎が大きく地中に張り出しているので、地盤面としっかりくいついている状態になります。

また、床下空間が無くなるので、地熱を直接コンクリートが伝えることになるので、冬は暖かく、夏は涼しい快適な空間になります。
ボレイトシール.jpg
この白いのはパフォームガードというシロアリにも食べられないホウ酸入りの断熱材で、継ぎ目や設備配管の貫通部にはボレイトシールというホウ酸入りのコーキング剤を充填し、シロアリの侵入を防止します。
逆べた基礎と一般の比較s.jpg
一般的なベタ基礎と逆スラブ基礎にした場合とに比較した地中の温度変化の様子です。


明治の初め、北海道・アイヌの人々の生活の知恵として、家をつくる時に床は作らず、土間にそのまま萱など草をたくさん敷いて寝るということがあった。それで冬の寒さをしのぐというのです。それを学んだ入植農家たちは床板を張らない家をつくり、土間に草を敷き詰めてそこに寝た。内地とは全く違った厳しい寒さだったが、地温に加えて敷き草も温かく、それで何とか冬を越せた。

一方、武士の入植者は身分の違うアイヌと仲良くなるどころか軽蔑していた。当然のことながら、土間にそのまま寝るなどというのは野蛮な土民のすることだと内地にいた時と同様に床板を張った家を建てた。そして冬を迎えた。ところが寒い。むしろを敷こうと何であろうと、床下から床板の隙間を通って入ってくる冷たい外気、床板に直接伝わる氷点下何十℃の外気温、布団に入っても温まるのは容易ではない。それで子どもをはじめ弱いものから病気になり、死んでいったという。
~東北大学名誉教授(農学博士) 酒井惇一氏 「随想・東北農業の七十五年」より一部転載



普通の民家では、土間から板敷きの間に上がる形が多いのですが、土間に茅束を敷き、その上にゴザを敷いた所にいろりがあり、これを「イドコ(土座)」といい、甲府盆地のほか、東北・中部・北陸に見られます。

現在ではほとんどの家づくりが床下空間をつくっています。この床下空間の温度は基本的に外気温とほぼ同じになっています。これは、基礎のコンクリートと外壁との間に風を通すための隙間を設けているためで、床下の湿気を通風することで防いでいます。

しかし、湿度の高い床下(地域)には、隙間を設けただけでは乾燥してくれず、当然ながら炭を床下に敷き詰めてもほぼ意味はありません。本来なら弥生時代の高床式のように完全に外から床下が見える開放的なものが必要になります。



地中熱エネルギーは、その深度によって影響を受けることが全国地中温度記録データから判明してきました。上の図は大阪での冬(1月)の地中熱の推移を表したもので、一般的な基礎と逆スラブ基礎の場合とで、地中熱の伝わり方が変わる様子がわかります。

一般的な基礎の場合、床下に空間があるため、家の生活温度がほとんど地中に蓄熱されませんが、逆スラブ基礎の場合は、床に断熱を施していないため、コンクリートに蓄熱し、さらに長い時間かけて地中にも蓄熱していき、エネルギーが保存されます。

来週は待望の上棟です。

無添加住宅バンドール2000 基礎コンクリート工事

無添加住宅バンドール2000 基礎コンクリート工事
IMG_9708.JPG
先日、第3者機関のハウスジーメンに鉄筋の配筋検査を実施して頂き、指摘事項はとくに無く、合格いたしました。
その後、コンクリートの打設を行いました。
IMG_9659.JPG
今回の基礎は逆スラブ基礎という形式。
IMG_9693.JPG
ちなみにコンクリートが体に悪いのでは?と勘違いされている方が多いのですが、コンクリートとは・・・砂とセメントと石を混ぜたもので、セメントは石灰岩と粘土を焼いて混ぜたものです。ですので、自然素材だけなんです。

当社に新たな社員が・・・

当社に新たな社員が・・・
IMG_9603.JPG
3週間限定ですが、インターンシップの学生が頑張ってくれています。
昨年末、とある学校のインテリア系の学生から電話があり、インターンの募集はしていますか?と問い合わせがありました。
IMG_9610.JPG
当社では、元々募集はしていませんでしたが、学生の方の熱心な志を感じたので、受けることにしました。
IMG_9616.JPG
マコト商店の外壁リニューアル工事では、炭化コルクの上にモルタルしっくいを塗っているところです。
posted by 袋谷 at 13:28大阪 ☔Comment(0)日記

超低温乾燥材「e-BIO」

超低温乾燥材「e-BIO」
IMG_9361.JPG
今日は京都の亀岡市にある+e.wood三浦製材さんへ
IMG_9362.JPG
昔は建物の構造材と言えば、天然乾燥材が当たり前でした。
1年もずっと放置して自然に乾燥するまでとても時間がかかりました。
また表面割れも起こります。
それが、海外からの技術が入ってきて、高温で乾燥させるため短期間で効率よく、また外から見ても割れて来ない。
IMG_9364.JPG
高温乾燥はKD材といって窯に入れて高温で乾燥させます。
いわゆる電子レンジでチンした木というのがわかりやすい。
これは、木の細胞を破壊してしまい、この時点で木は呼吸を終え、本来の調湿機能や香りを失ってしまいます。
また有機酸も放出してしまうので昔から建っている木造のように長持ちしなくなります。
IMG_9356.JPG
しかし日本の今の住宅はほとんどが高温乾燥材で建てられています。
ヒノキや杉のように本来腐りにくい木でも高温乾燥させてしまうと、数年後に腐食してキノコが生えてくるということもあります。
また、表面は割れていないように見えても木の内部が割れているので、気付きません。
IMG_9359.JPG
超低温乾燥材e-BIOでは、天然乾燥のように長期間待つことも無く、この3月に上棟する予定のお宅では、このe-BIOを採用する予定で、現在準備を取りかかっています。

木造アパートのLステイ賃貸は仕上げ工事に入り、タイル・天然石貼り

木造アパートのLステイ賃貸は仕上げ工事に入り、タイル・天然石貼り
IMG_9295.JPG
キッチン床は玄昌石グリーン
IMG_9299.JPG
トイレ床は、玄昌石マルチカラー
IMG_9285.JPG
洗面壁はラテホワイトウェーブたて貼り
IMG_9296.JPG
リビング壁は玄昌石ボーダーラフ貼り
IMG_9302.JPG
吊押入の下部床の間と上り框は、天然御影石本磨き
IMG_9303.JPG
玄関土間は天然御影石バーナー仕上貼り

貝塚市の某お寺のLDK床 化学物質過敏症・リフォーム

貝塚市の某お寺のLDK床 化学物質過敏症・リフォーム
こちらのお宅は貝塚のお寺がたくさん並んでいる中にあるのですが、お客様は以前から室内の環境にはとても敏感で、こだわって内装などもされていました。
IMG_8743.JPG
しかし、自然素材のこだわりと無添加住宅のこだわりとが違っていたのです。
無垢の木だと安心。
壁紙はオーガニックだと安心。
ではなかったのです。
IMG_8132.JPG
確かにこちらのオールステンレスのキッチンは油も使っていないという徹底ぶりで、良いですね。
しかし、床材を先日無垢材でリフォームされ、床暖房もフル装備されたにもかかわらず、この部屋に居れない。

もう何もかもが嫌になる・・・・頭痛・・・倦怠感・・・めまい・・・呼吸がつらい・・・など
良く見ると、無垢材といいつつも、つなぎ合わせ部分は接着剤でした。しかも床暖房のパネルも接着剤で貼られていました。

そこで、無添加住宅ではシンゴンという南洋桐に似た木があります。
これは、床暖房が要らないくらい冷たくない。しかも揮発性油分が出ていないので、深呼吸もできる。
84720822_3455390261169865_3530175088215195648_o.jpg
工事対処方法としては、リフォームされた床材の上にアルミ箔を貼り、その上にシンゴン無垢材を貼っていきます。
アルミは化学物質を通さないので、この方法がベターです。
IMG_8753.JPG
最後にシンゴンを米のりで接着した集成材で作った食器棚を作って完成です。こうすると、食器にも嫌な臭いがつかず安心ですね。
IMG_8746.JPG
この境内にとても大きなカイヅカイブキが生えていました。貝塚だけに・・・

泉州水なす漬け本舗マコト商店の外観をリニューアルしています

泉州水なす漬け本舗マコト商店の外観をリニューアルしています。
IMG_9257.JPG
昔、使っていたガラス戸を再利用してレトロ感溢れる格子越しに店内がほんのりとした灯りがうかがえる外観にしています。
IMG_9237.JPG
店舗の外観はシャッターを開けると建具が無い状態でしたので、夏は暑く、冬は寒いというお店でした。
そこで、壁を作成し、外からもよく見えて、レトロ感のあるものにしたいと思います。
IMG_9249.JPG
外壁は炭化コルク断熱の上にしっくいを塗る予定。
IMG_9250.JPG
昔、古民家で使っていた木のガラス障子を再利用し、ファサードとしました。


無農薬ビワの生葉

無農薬ビワの生葉
50枚 約300g 500円
IMG_9185.JPG
ご自分で収穫してくれる方は300円(来店予約下さい)
IMG_9186.JPG
ビワの葉エキスを作られる方、直接貼ったり、びわ灸、湿布、びわ茶、焼酎漬けされる方にどうぞ。
IMG_9183.JPG
もっと少なくて良いという方はご相談にのります。
posted by 袋谷 at 12:46大阪 ☔Comment(0)生物