【コラム 持続可能な建材シリーズ1】シロアリ保証はどうして5年ごとなのか?!

【コラム 持続可能な建材シリーズ1】シロアリ保証はどうして5年ごとなのか?!

dodai.jpg
 
●シックハウス症候群の原因の大きな一つがシロアリ対策の薬剤でしたので、国は 2003年にシックハウス対策法として薬剤成分の有機リン系クロルピリホスを規制しました。が、しかし・・・
 
●現在では薬剤メーカーが出しているそのほとんどが有機成分の薬剤です。有機成分は約5年で分解されてしまうので、殺虫効力も約5年で無くなってしまいます。そうすると、5年経過する毎にまたシロアリ点検のハガキが送られてきて、再施工して5年保証がつくわけです。
 

DSC_2096s.JPG
●この5年毎のサイクルは永遠と続き、シロアリ業者の仕事も永遠と続くわけです。日本しろあり対策協会(白対協)に加盟している業者さんは5年ごとに仕事があるので、脱退しないという訳です。ちなみに土台に薬剤を加圧注入しているものは、5年後、加圧注入できませんので、塗布になってしまいます。
 
●しかし、この有機成分からなる薬剤は、クロルピリホスは使用していないまでもなかなか体にも環境にも悪い成分が多く、ネオニコチノイド系という神経系の薬剤はミツバチがこの世から無くなってしまうほどの影響があるし、除虫菊の成分である天然ピレトリンや天然ヒバ油といった自然由来の物でも人体に長く浴びていると、体内の脂肪分に蓄積したり、脳幹を通り中枢神経を刺激するのでよくありません。
 

hosanen0_n.jpg
●そこで、有機物ではなく、無機物を使用したのがホウ酸です。ホウ酸は元々、山から採れる鉱物で、その精製度をさらに高めてホウ素含有率の高いホウ酸塩(ティンボア)というものを使用します。代表的な製品名としては、ボロンdeガードがあります。
 
●ホウ酸(ボロン)は、塩と同程度の毒性ですので、人がなめても良いくらいのものです。ただし、小さな虫が体内に入ると窒息し、死にます。言い換えると、人が塩や醤油をなめても大丈夫ですが、コップ1杯分一気に飲むと、死んでしまいます。
 
●これぐらいの毒性なのですが、無機物は揮発する物が無いので、ホウ酸塩の近くに来たところで虫は死にませんし、忌避作用もありません。あくまでも食毒なのです。ゴキブリ対策のホウ酸ダンゴも同じこと。
 
●その無機物ということから、分解されないので、5年どころか何年も持続しますので、床下にホウ酸塩を施工すると、半永久的に持つということなのです。弱点もあります。それは、水に溶けやすいということですので、洪水などで床上浸水などがあれば、流れ出て行きますので、再施工が必要になります。

■なので、5年ごとの保証とか点検というのは、不思議に思いますよね。

#シロアリ #防蟻 #ホウ酸 #無添加 #ネオニコチノイド

コラム【精製するということとは?】

コラム【精製するということとは?】(長いけど必読)
4986487232_n.jpg

■精製するというと、不純物を取り除いて純度の高いものにしていくということを想像し、より厳選された良いモノと勘違いしてしまいがちです。砂糖や米、麦、塩の場合、より白くなっていって、精糖とか精米といいますよね。

■米の場合、玄米にも栄養素や食物繊維がありますが、精製すると表面を削り落とされ、それがヌカなのですが、玄米自体はフィチン酸やアブシジン酸という少々毒性があります。体が少し温かくなるということは、これらの毒が体から排除させようと戦うので発熱してしまいます。玄米に限らず、植物には毒性のあるものが多く、しいては自然界の暑い地域の方が多いのです。
 
植物は動物や虫、菌などの外敵から身を守る工夫をしているたけなのです。ただ、玄米は毒といってますが、量や継続性にもよるので、少々なら問題ありません。この毒性を利用して、体に溜まった蓄積毒を排除しようとするデトックス効果を狙って食している人もいます。
 
■砂糖の場合、さとうきびから黒砂糖を作り、そのままだと、ミネラルやビタミンなど栄養素がとても豊富なんですが、精製してしまうとそれらをそぎ落とされて、糖分だけになってしまいます。これが実は万病のもと。
 
■麦の場合も精製すると小麦粉のように白く、パンやうどん、ラーメン、ピザ、パスタのように糖質のかたまりのように思われますよね。特に最近、小麦は脳に直接作用するように糖度を変え、品種改良されすぎた輸入品に85%も頼っています。また煎った大麦を挽いた、はったい粉は、精製される前なので食物繊維があるため、血糖値は上がりません。
 
糖質とは??  炭水化物-食物繊維=糖質 なんです。
 
皆さん、よく炭水化物ダイエットとか言ってますが、間違いです。食物繊維は水溶性と不溶性の両方必要です。精製するということは、食物繊維を排除して、糖質だけにするということなんです。
 
■塩の場合、海水から摂れる自然塩や天日塩には、ミネラルが入っています。その中にはニガリもありますが、ニガリは塩化マグネシウムで、カルシウムを吸収する際には大切ですね。マグネシウム摂取量の多いグループに大腸がんリスクが低いということも聞いたことがあります。これらをそぎ落としたのが、精製塩です。塩絶ちする方がいますが、人間には胃酸が強塩酸なため、塩は絶対必須です。でも血液系の病気の方などは下記を読んでみてください。
 
■精製された糖分は体に入ると、一気に血糖値が上がって、脳を直接刺激して、満腹感や幸福感をもたらします。しかしそれは長続きしないで、一気に下るため低血糖症を引き起こし、また糖分を欲しがるという麻薬作用をもたらします。血糖値が急激に下がると、活性酸素が発生して、うつ病や肥満、骨粗しょう症、動脈硬化、心筋梗塞など引き起こします。
 
そうなると、塩分控え目とか言い出す人が出てくるので、まずは精製糖を減らすべきですね。人がおいしいと記憶しているものは、これらの精製されたものが脳を刺激して、錯覚していて、一種の麻薬作用に陥っている状態なんです。だから、また欲しがるんですよね。
 
しいていえば、覚醒剤や麻薬、タバコ等は体に悪い代表のように思われていますが、人工甘味料や化学調味料、アロマテラピー(精油)等も同じ精製されたものなので、脳を刺激またはブロックしているのです。
 
刑事ドラマなんかで、犯人が鼻にハンカチ当てて気絶させている風景をよく見ますよね。人は口に入れるものだけが優先順位が高いように思われがちですが、空気のような鼻から入るものの方が肺から入り、直接血液に乗るので、脳に達するスピードが速いのです。総ヒノキの内装などにあこがれて、リラックスを求められる方がいますが、よく考えてみればわかるはずです。
 
実は、糖質はガンのエサにもなります。快楽な糖を止めないので、日本人はガンも減りません。
 
どうして、欧米ではオーガニック化しているのにアジアや特に日本は遅れているのか考えたことありますか?
人生、ボーっと生きてんじゃねーよっ!(笑)

2019年、新年あけましておめでとうございます

2019年、新年あけましておめでとうございます。

昨年、大阪は地震と台風の二重被害がございましたが、いまだ年が明けても復興作業に注力していくつもりですが、更なる上でハード面だけでなく、心の復活にもお役に立てることができるよう頑張っていきたいと思います。

昨年つながった方々にもハッピーなつながりになるよう色々考えて突き進んでいきたいと思います。

謹賀新年 
むてんかスタイルふくろや

会社-1s.jpg
posted by 袋谷 at 18:09大阪 ☁Comment(0)日記