無添加住宅の開発者、秋田会長の自宅が掲載されました

無添加住宅の開発者、秋田会長の自宅が掲載されました。

なかなか見ごたえのある一軒です。
敷地の中には、川も流れ、高低差もあり、とても難しい土地ですが、出来上がる
と驚くような仕掛けもありで、楽しまれています。
玄関から入ると、すぐにダイニングがあり、そこには天井から吊り下げられたガ
ラスのテーブルが現れるのには驚きます。
リビングには、暖炉テーブルがあり、それを取り囲み、冬はとても暖かい。
お風呂も景色を見ながら入れます。
屋上には、温室があり、冬はその部屋の空気をダクトで下まで送り込み、夏は
屋上で畑をしているので、断熱となり、暑さを回避しています。暑さを回避する
といえば、まだあります。井戸水をクーラーに配管して、送風モードだけで、
クーラーがきく。冬は、ペレットストーブの排気を床下に入れ、床暖房としてい
ます。
自動代替テキストはありません。

自動代替テキストはありません。

無添加住宅の全国総会に参加してきました

無添加住宅代理店総会 in 東京

・今回は社長交代というニュース
・待望の漫画「秋田憲司の波乱万丈生活 無添加住宅誕生物語」(あきやまひでき氏作)
・ミュージシャンI氏のサプライズゲスト登場。国際自然保護連合でも活躍されている。
・構造材の強制乾燥材(キルンドライ)は、虫がつかないとされていたヒノキ材でも腐食するという事実。
築2年で外壁からキノコが生えたという驚愕の現象がおこり、電子顕微鏡で確認すると、透湿防水紙は湿気だけでなく、菌糸も通してしまうことが判明。最近の家は室内側が漏水していることもわからず、壁の中に湿気が溜まる構造になっている。等の発表がありました。

画像に含まれている可能性があるもの:室内

画像に含まれている可能性があるもの:1人

築2年で外壁からキノコが生えたという驚愕の現象

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、スーツ、室内

無添加住宅開発者 秋田会長と記念撮影

自動代替テキストはありません。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)は環境のためではなく、経済のため?

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)は環境のためではなく、経済のため?

・家電製品が20年以上使えるものって、どれだけありますか?
・できあがった製品だけゼロエネルギー?製造過程のことを考えると、作らない方がゼロエネルギー。
・カタログの数値はいつも完成時のみ。
・つい最近までスマートハウスと言っていたのに・・・もう違う政策になってます。
・結局、建物自身が長持ちしなくなると、修繕や建て替えに膨大なコストとエネルギーがかかるということ。目先のお金にとらわれず、大局的な考えを持とう。


<図表は日本のエネルギー消費状況推移~出所/総合エネルギー統計国民経済計算年報、EDMCエネルギー・経済統計要覧>

【コラム】合板と集成材の盲点とは

【コラム】合板と集成材の盲点とは
http://mutenkastyle.jp/SumaiSenaka/kyou/gohan_shuseizai.html

合板(ごうはん)とは・・・薄く切った単板を奇数層、繊維方向を90°、互い違いに重ねて熱圧接着した木質ボードのことである。...Wikipediaより

集成材(しゅうせいざい、Laminated wood)とは・・・断面寸法の小さい木材(板材)を接着剤で再構成して作られる木質材料である。...Wikipediaより

どちらも共通していることは、木と木を接着剤でくっつけているということです。特に強度の強いものを構造用と呼んでいます。

化学接着剤は、最初の初期強度はとても強く、構造用合板や構造用集成材というのも建築確認申請の時には、とても有効です。しかし、これが建築基準法という法律の落とし穴で、申請時ということは、新築当初ということですので、20年先や30年先のことは全く規定がありません。唯一、10年保証という決まりしかありません。ここに不思議を感じられないでしょうか?
もし、それを規定してしまえば、国も建物が建った後も診なければならないし、実際耐久性が低くなり、大変なことになる可能性もあるからです。

接着剤の本来の作り方を簡単に説明すると、プラスチックをシンナーのような有機溶剤で溶かし、ドロドロにしたものを木と木の間に流しこんで、木の中に入り込みます。そして、シンナーだけが蒸発して、プラスチックが固まり、なかには色々な用途に応じてプラスチックに添加物を混ぜたりはしますが、木と木がカチッと引っ付くという原理なのです。このシンナーなどの有機溶剤が全て出ていけば良いのですが、延々と揮発し続けます。この揮発物質がシックハウスの原因になるのです。

では、実際に写真で見てみましょう。

これは、大阪の吹田市にある住宅展示場のセンターハウスという管理会社が建てた建物があります。それが約26年前に建ち、当時は構造用集成材を骨組みにした画期的な工法でした。しかし、それが柱の接着剤で貼りあわせている部分において、あちらこちらで割れておりました。

さらに奄美大島にある大きなホールでは、築13年当時で構造用集成材があちらこちらで、接着面が割れており、パテで補修した跡が数多く見られます。これは、本州より特に南の方は湿度が高いということから、接着面が加水分解により劣化したものと推測します。

通常、化学接着剤は20~30年で劣化が始まると言われていますが、湿度が高い場合は、それが顕著に縮まるという訳です。

次にリフォームで築約30年ほどのお宅へ訪問した時ですが、床のフローリングが、部分的にガムテープを貼っているのところをよく見かけます。ここを踏むと床がボソボソになっていて、立つと、床下まで足が突き抜けてしまうのです。どこかで見たことありませんか?これが、接着剤の寿命です。湿気の多い脱衣場などはもっと早いのです。

これを住宅で考えると、せっかく新築住宅を建てて、35年ローンを組みますと、建物が30年くらいで構造体の寿命が来てしまい、ローンを支払う前に、建物の寿命がきてしまうのです。しかも化学接着剤は最近レゾルシノールというものからイソシアネートというものに代わっていますが、これが燃えると青酸ガス(シアン化水素)も出るという恐ろしい物なのです。本当にこのようなことで良いと思いますか?

ベンガラの色見本作り

ベンガラは鉄さびで、お酒で溶いて、豆乳を混ぜて塗料を作ります。
画像に含まれている可能性があるもの:室内
無垢の木にベタっと塗ったタイプと塗ってからすぐにふき取ったタイプと作りました。
画像に含まれている可能性があるもの:室内

画像に含まれている可能性があるもの:室内
これだけ色を作るとなると6時間もかかってしまった(泣)夢中になってると日付が変わっていた。そろそろ帰らないと…
画像に含まれている可能性があるもの:室内

和歌山ぶらくり丁で、ポポロハスマーケット

アースデイ浜寺の後は、和歌山ぶらくり丁で、ポポロハスマーケット

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内
ここも同じくロハスやオーガニック系のお店が多く、和歌山一の商店街アーケードの中に特設店がズラリ並んでます。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
https://www.facebook.com/popolohas/

手作り木工 木のおもちゃ・家具 sosion夢工場さんでは、木工でミニキッチンやだんじりなどありましたが、レジが一番気になりました。

画像に含まれている可能性があるもの:室内
画像に含まれている可能性があるもの:室内

地震体験車があり、実際の地震があったかのような揺れを体験できます。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、室内
少し感じたことですが、普段商店街のお店の方々も開けていましたが、ドアを閉めているので、お客様はあまり開けてまで入らないということと、オープンなお店は、特設店とは、全く違う商品層を並べているので、入らない。唯一、繁盛しているのは、特設店と同じように同調しているお店は大流行りですね。

古さは全く否定しませんが、うまくやっていくヒントはいっぱい落ちているはず。壁を低くすれば成功します。

自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人、ストライプ、室内

屋根石クールーフのような布で作ったバッグ発見!!

画像に含まれている可能性があるもの:1人、室内

アースデイ@はまでらこうえん2016

アースデイ@はまでらこうえん2016
地球を想う1日というのをテーマに毎年母の日に開催されています。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外
ナチュラルアースマーケットでは、
野菜ソムリエのいる心と体にやさしいカフェ Flour bee*さんがキッシュとチアシード入りグラノーラ。

画像に含まれている可能性があるもの:室内

・岸和田貝塚で小太朗 農園さんが無農薬のこだわりジャムや自然農ジュース。

画像に含まれている可能性があるもの:室内

画像に含まれている可能性があるもの:室内

・子育てネットワーク共育の森どんぐりさんでは、ベンガラ染め体験。ここは園の建物が無く、外で保育するというので驚きました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、屋外、室内

・手づくり石けんArpitaの工房さんでは、様々な天然油脂から石けんを作りますが、主に大麻から抽出したHEMPという石けんがオススメだとか。

画像に含まれている可能性があるもの:室内

画像に含まれている可能性があるもの:1人

・手織り体験工房Saori toyosaki / SAORI豊崎長屋さんでは、さをりを実際に織れます。

自動代替テキストはありません。

・綿糸たちのプロジェクト・夢つむぎ会さんでは、泉大津市で綿花の栽培をして、紡績工場に持ち込み、手ぬぐいを織ってます。泉州にちなんだイラストを染めています。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

・子供たちが金魚すくいでもしているのかと思ったら、宝石すくいをしてました。

・泉南市のオーガニックショップ&カフェ アイナさんでは、無添加のフードや無添加ジンジャエール、天然酵母手ごねパン。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、室内
画像に含まれている可能性があるもの:室内

自動代替テキストはありません。

・M'sオーガニックコットン本舗、村上メリヤスさんでは赤ちゃん用の衣類などをこだわって奈良で作られています。

画像に含まれている可能性があるもの:1人

画像に含まれている可能性があるもの:室内

・最後にとても有機的な大胆な家づくり、アーティストのAkira Yamaguchiさんは、土を土嚢に入れて積み上げて壁にし、外側は土と石灰を混ぜて塗り、内壁は漆喰など主体に塗り上げ、まるで土のドームハウスを和歌山に作り、住んでおられます。是非見てみたい!うちもいつかは庭にこういうシェルターが欲しいと思ってたので、感激でした!来週、和歌山市内で体験ワークショップがあるみたいです。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、室内

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

その他まだまだ多数の無添加やロハス、オーガニックにこだわったお店が並んでいました。来年は、うちも出店します!

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人

画像に含まれている可能性があるもの:室内

住まいとくらしの背中

むてんかスタイルふくろやのホームページに
「住まいとくらしの背中」のページを立ち上げました。

http://mutenkastyle.jp/SumaiSenaka/senaka.html

世の中の住まいとくらしには、メリットばかりではありません。裏側はどのようになっているのでしょうか?今、いちばん流行っている家は本当に大丈夫なのか。健康住宅とみんな言ってるけど、実際はどうなの?また、住まいを作り上げていく中で、裏方の仕事はどんなことをしているんだろう?材料は採れてどのようにできているのか?など・・・をコラム形式でつづります。

sumaisenaka.jpg

第10回春の酒蔵祭 泉佐野市の北庄司酒造さん地酒『荘の郷』の酒蔵イベントに出店

第10回春の酒蔵祭
泉佐野市の北庄司酒造さん地酒『荘の郷』の酒蔵イベントに出店しました。
https://www.facebook.com/MutenkastyleFukuroya/

むてんかスタイルふくろやでは、泉州特産水なす漬け本舗 マコト商店ふくろやタオル 袋谷タオル合資会社とのコラボ出店で、無添加住宅のPRをはじめ、しっくい酒蔵ミニやしっくい植木鉢、炭化コルク消臭剤、柿渋、ベンガラ、無添加ワックスの販売も行いました。

朝からとても多くの来場者で、利き酒を飲んだ方はもうホロ酔いで気持ち良さそうです。酒蔵の壁はしっくい塗りで、麹菌か棲みやすいので、代々いいお酒が出来上がってます。
皆さん、しっくい植木鉢の軽さに驚いていた様子。それよりもしっくいという言葉は、ほとんどの方が認知されていました。

自動代替テキストはありません。

画像に含まれている可能性があるもの:4人

むてんかスタイルふくろやは、泉州特産水なす漬け本舗「マコト商店」、泉州タオル「ふくろやタオル」とコラボ出店しています。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、空、屋外

しっくい酒蔵ミニは、しっくいの上にベンガラと焼酎と豆乳だけで作った塗料を着色しました。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、大勢の人、空、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人、空、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、植物

自動代替テキストはありません。

自動代替テキストはありません。

しっくい酒蔵ミニをははじめ、しっくい植木鉢や柿渋、炭化コルク消臭剤、無添加ワックス、ベンガラなども販売いたしました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、空、屋外

来場者は3000人も来られました

自動代替テキストはありません。

ふくろやタオルでは、泉州特産の野菜の天然染料を抽出し、タオルに染めました。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、屋外

水なす漬けは、お酒の肴に最高。売れ行きは絶好調です。

画像に含まれている可能性があるもの:飲み物、室内


酒蔵の2階では、ミニコンサートなども開かれています。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、室内

酒蔵の内部も見れます。ここでおいしいお酒が造られています。

画像に含まれている可能性があるもの:室内

お酒の心臓部ともいえる麹室。ここの中は、麹菌以外の雑菌が入ると、いいお酒ができなくなるので、厳重管理されています。

画像に含まれている可能性があるもの:7人、立ってる(複数の人)、屋外

泉佐野市のキャラクター「イヌナキン」も登場。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、空、屋外

最後にジャンケン大会。ふくろやタオル提供のオリジナルタオルが賞品になりました。










   ▲  Facebookの 【いいね】 を押して情報をゲットしよう!