無添加ソーセージ作り

無添加ソーセージ作りに参加してきました。(無添加住宅本部にて)
講師は徳島の自然派ハム工房「リーベフラウ」さんの近藤保仁氏。http://www.wiener.co.jp/

DSC_0636.JPG
初めにどうして無添加のソーセージを作ることになったのか?というエピソードを聞きました。それは、ご家族でとてもひどいアレルギーの方がいて、肌がただれて悩まれていたところ、ある日、本場ドイツへ行ってソーセージ作りを学んで来いという指令が出て、1年間とても厳しい試練に耐え、添加物のいらないソーセージ作りを完成させました。

DSC_0625.JPG
市販されているソーセージは、ほぼ全て添加物が入っていて、リン酸ナトリウム、ソルビン酸カリウム、タール色素、赤色102号、亜硝酸ナトリウムなど発がん性がてんこ盛りで入っています。無添加とうたっているソーセージでも完全ではないという。

今回はごく標準のレシピとのことですが、色々なアレンジもできるようです。パセリや柑橘系の皮を入れたり、豚バラやラードの配分も替えることで食感も違ってくるようです。
豚のミンチは、スーパーで売っているミンチは古いので買わないように。肉屋の豚肉を買って、包丁で細かくする方が良いとか。皮は羊の小腸ですが、フランクフルトのような太いものは豚の小腸、それより大きいものは牛のを使用します。



家庭でもできるソーセージ作成キットもお店で購入できます。
味は、とても今までにないソーセージのおいしさが味わえました。



DSC_0598.JPGDSC_0603.JPG


DSC_0635.JPG


「むてんかスタイルふくろや」が大阪・泉佐野にて開業


2016年1月10日より、「むてんかスタイルふくろや」が大阪・泉佐野にて開業いたしました。


築43年の木造アパートを無添加住宅リノベーションし、新たに可能性を生み出し、ただ単に賃貸アパートという概念を払拭した昭和のレトロ感と無添加住宅の新鮮さとがコラボされた空間、「むてんかレトロ」になっています。
外観からの見た目はとてもチープですが、来ていただくととても居心地のいい空間を作り出しています。是非、ご来店お待ちしております。

自動代替テキストはありません。

自動代替テキストはありません。

自動代替テキストはありません。

自動代替テキストはありません。

大阪府泉佐野市大宮町12-6-103

電話 072-493-8351
FAX 072-493-8352
 

駐車場

敷地内に3台駐車可能
ただし当社手前の前面道路が特に狭い部分がございます。2tトラックが通行可能ではございますが、困難な場合は、ご連絡ください。別駐車場をご案内いたします。


 会社概要

会社名     株式会社くらしスタイルふくろや

所在地     大阪府泉佐野市大宮町12-6-103

電話/FAX    072-493-8351/072-493-8352

代表取締役  袋谷 幸宏

資本金     500万円

創業       2004年2月10日 ワイズデザイン一級建築士事務所 (現ふくろや建築設計事務所)

設立       2015年12月  株式会社くらしスタイルふくろや設立

加盟       2008年10月 無添加住宅正規代理店

業務内容    建築・土木・リフォーム・リノベーション工事の設計・監理・施工・保守

資格      一級建築士・一級建築施工管理技士・宅地建物取引士

登録      一般建設業/大阪府知事(般-27) 第144613号

登録      一級建築士事務所/大阪府知事(ハ)-20619号

所属団体    無添加住宅正規代理店、大阪府建築士会

 


mutenkastyleanigif.gif